ソングを聴いてみよう

SoloとMuteで、狙ったトラックだけを再生する

Solo/Muteボタンはミキサー・セクションの一部

まず、Solo/Muteボタンのあるミキサー・セクションを開いてみましょう。

メイン画面かエディット画面で、ヘッダーの右の方にある↕ボタンをタップしてください。

image

 

ミキサー・セクションが表示されましたね。

image

 

トラックごとに、フェーダーやパン、エフェクトつまみなどが並んでいますが、Solo/Muteボタンは各フェーダーの下にあります。

再度↕をタップすると、ミキサー・セクションを閉じる事ができますよ。

 

Solo…狙ったトラックだけを鳴らす

SoloボタンをONにすると、そのトラックの音だけが鳴るようになります。

image

 

通常、あるシーンを再生すると、そのシーンを構成するすべてのトラックが同時に演奏されますよね。ドラムス・ベース・パッド・リード…。

しかし、たとえばベースだけを調整したい場合、他の音がジャマになります。

そんな時にSoloボタンが有効です。ひとつひとつのトラックの音を「追い込む」ことが出来ます。

 

Mute…狙ったトラックだけを消す

MuteボタンはSoloボタンの逆で、そのトラックの音だけを消せます。

image

 

Solo同様、各トラックのチェック用に使いますが、ぼくは展開を考える時もMuteを活用します。音の抜き差しってやつですね。

再生中にリアルタイムでSoloやMuteをかけると、DJっぽいプレイも出来ます!

 

複数トラックにも適用可能

たとえば、リズム隊(ドラムスとベース)のバランスを同時にチェックしたいような時は、両方のSoloをONにしましょう。

また、鳴らしたいトラック数の方が多い場合は、消したいトラックだけMuteさせるのが効率的です。

SoloやMuteをまとめて元に戻すには、マスターフェーダーの下にあるSolo/Mute Offボタンをタップ!

image

 

お疲れ様でした。あなたはKORG Gadgetの基本操作を習得しました!

これにて最初のチュートリアル「ソングを聴いてみよう」編は終わりです。

プリインストールされているデモソング・ファイルを開き、様々な方法でプレイすることで、KORG Gadgetの基本操作を覚えて頂けたかと思います。

 

次のチュートリアルでは、いよいよガジェットを演奏する方法を解説していきます!

関連記事

  1. ソングを聴いてみよう

    “Swing”で、ソングに抑揚をつける

    ジャストか?揺らすか?前回はテンポチェンジを覚えて頂いたので、すぐ…

  2. ソングを聴いてみよう

    “Tempo”で、ソングのスピードを変更する

    テンポの変え方は2つ前回は、デモソングのファイルをロードし、Pla…

  3. ソングを聴いてみよう

    “Loop”で、シーンを繰り返し再生する

    トラック作成は、曲の一部を「反復」させながら行うのが基本Loopボ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

連載中

  1. Allihoopa

    2017 Allihoopa x KORG Gadgetコンテストが終わっての感…
  2. チュートリアル

    はじめてのKORG Gadget。3分間でわかる「超」クイックスタート・ガイド。…
  3. テクニック

    かんたん打ち込みギター講座① エレクトリックギター編。ちょっとのコツでとってもロ…
  4. テクニック

    DAWで作ったデータをKORG Gadgetに取り込む方法(インポート)
  5. Allihoopa

    KORG Gadgetスペシャルコンテスト今年も開催。お題の「BPM140」って…
PAGE TOP