1.5 SoloとMuteで、狙ったトラックだけを再生しよう。

「Solo」ボタンは選択したトラックだけを再生し、「Mute」ボタンは選択したトラックを消音します。

まず、Solo/Muteボタンのあるミキサー・セクションを開いてみましょう。

メイン画面かエディット画面で、ヘッダーの右の方にある↕ボタンをタップしてください。

image

ミキサー・セクションが表示されました。

image

トラックごとに、フェーダーやパン、エフェクトつまみなどが並んでいます。

Solo/Muteボタンは、それぞれのフェーダーの下にあります。

Solo…狙ったトラックだけを鳴らす。

SoloボタンをONにすると、そのトラックの音だけが鳴るようになります。

image

シーンを再生すると、そのシーンを構成するすべてのトラックが同時に演奏されますよね。ドラムス・ベース・パッド・リード…。

しかし、たとえばベースの音だけを調整したい場合、他の音がジャマになります。

そんな時にSoloボタンが有効です。ひとつひとつのトラックの音を「追い込む」ことが出来ます。

Mute…狙ったトラックだけを消す。

MuteボタンはSoloボタンの逆で、そのトラックの音だけを消すことができます。

image

Solo同様、各トラックのチェック用に使えますが、筆者は展開を考える時もMuteを活用します。

音の抜き差しってやつですね。

再生中にSoloやMuteをかけると、DJプレイも出来ますよ!

複数トラックにも適用可能。

たとえば、リズム隊(ドラムスとベース)のバランスを同時にチェックしたいような時は、両方のSoloをONにしましょう。

また、鳴らしたいトラック数の方が多い場合は、消したいトラックだけMuteさせるのが効率的です。

SoloやMuteをまとめて元に戻すには、マスターフェーダーの下にあるSolo/Mute Offボタンをタップ!

image

お疲れ様でした。あなたはKORG Gadgetの基本操作を習得しました!

これにて最初のチュートリアル「ソングを聴いてみよう」編は終わりです。お疲れ様でした!

プリインストールされているデモソング・ファイルを開き、様々な方法でプレイすることで、KORG Gadgetの基本操作を覚えて頂けたかと思います。

次のチュートリアルでは、いよいよガジェットを演奏するやり方を解説していきます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。