3.トラックを作ってみよう

3.2 入力した演奏データをエディットする。

前回から始まった、KORG Gadget「トラックを作ってみよう」編。

今回は、KORG Gadgetのエディット画面で入力した演奏データ(ノート)を「手直し」するやり方を覚えていきます。

少々ボリュームがありますが、ごゆっくりお付き合いくださいませ。

ケース① ひとつのノートをエディットする場合

入力済みのノートを「一つだけ」編集したいときは、Drawモードで行います。

エディット画面左上にあるDrawボタンをタップし、黄色表示にしましょう。

image

ノートを削除する

Drawモードで、すでに打ち込まれたノートをタップすると削除できます。

img_0855

img_0857

ノートを移動する

移動したいノートを長押しし、別のマスへドラッグすれば、そこまで移動させる事ができます。

横にも縦にも移動可能。

image

今はフッターにあるQuantize(クォンタイズ)ボタンがOnなので、ノートが「枠単位」(現在の設定では16分音符)で移動されましたが、自由に移動させたければQuantizeをOffにします。

img_0937

ノートの長さを変更する

伸ばしたい、または縮めたいノートの右端部分を長押しし、右へドラッグするとノートが延び、左へドラッグすると縮みます。

image

image

ドラムはワンショット系の音色が多いので、あまり音の長さを変える必要はありませんが、他のパートの入力時には極めて多用するので、この操作はぜひ覚えておきましょう。

ケース② 複数のノートを選択してエディットする場合

いくつかのノートをまとめて移動・複写・削除する場合は、Selectモードに切り替えてから行います。

KORG Gadgetは、複数のノートを選択する方法が2つ用意されています。

  1. Selectモードで、複数のノートをタップして選択する。
  2. Selectモードで、タッチパネルをドラッグし、選択したいノートを四角く囲む。

ここではIIの、選択したいノートを四角く囲むやり方をご紹介。

エディット画面においてSelectモードに切り替え、ピアノロール上のどこでもいいのでタップし、そのまま選択したいところまでドラッグしましょう

ドラッグ中はその動きに合わせ、うっすらとした枠が四角く表示されます。

image

選択されたノートが白くなりますので、この状態をキープしたまま、このあと述べるやり方で様々なエディットを行います。

選択したノートを削除

画面下にあるDeleteボタンをタップすると、選択したノートをまとめて削除できます。

img_0879

選択したノートをコピー/ペースト

画面下にあるCopyボタンをタップすると、選択されたノートが黄色く光ります。

img_0880

その状態でどれか一つのノートをドラッグすると、選択したノートがすべて同じ方向へペーストされます。

img_0881

もちろん、横方向へも複写できますよ。

すべてのノートを削除する

フッターにあるFunctionボタンをタップし、表示されたメニューでノートを削除をタップすると、すべてのノートを一括削除できます。

img_0884

img_0883

もし他のトラックに演奏データがあっても、それらには影響しませんのでご安心を。

まとめ動画

先ほどまでのチュートリアルで覚えた操作方法を、動画でおさらいしてみましょう。

今回は、KORG Gadgetにおける基本的なエディット・テクニックについて学びました。

これらの機能を上手に使えば、トラック作成をより迅速、かつ効率的に行うことが出来ますよ。

最初はうまくいかないかもしれませんが、だいじょうぶ。繰り返しやっていけば、すぐに慣れてパパッと打ち込めるようになりますからね。

さて次回は、打ち込んだ演奏データに対し、音量やステレオ定位など様々な変化をつける「パラメータ」のエディット方法を解説します。

関連記事

  1. 3.トラックを作ってみよう

    3.7 アルペジオを入力する。

    ここまでのチュートリアルで「ドラム」「ベース」「パッド」の3トラックを…

  2. 3.トラックを作ってみよう

    3.3 パラメータをエディットする。

    タイミングも音量も全く変えずにノートを打ち込む事を俗にベタ打ちと呼び、…

  3. 3.トラックを作ってみよう

    3.5 パラメータをリアルタイム・エディットする。

    以前のチュートリアルで、ドラムトラックの「ベロシティー」と「PAN」の…

  4. 3.トラックを作ってみよう

    3.6 パッドを入力する。

    KORG Gadgetの初心者向けチュートリアル「トラックを作ってみよ…

  5. 3.トラックを作ってみよう

    3.1 ドラムトラックをステップ入力する。

    お待たせしました!ここからは、実際にトラックを作成しましょう。…

  6. 3.トラックを作ってみよう

    3.4 ベーストラックをリアルタイム入力する。

    ここまでのチュートリアルで、ガジェット音源「London」を用い、ドラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サウンドハウス

非公式楽曲コンペ「GadgetSonic 2018」特集ページ

KORG Gadget for Nintendo Switch 特集ページ

PICKUP

SERIES

LATEST ARTICLE

  1. テクニック

    iOSの”Slide Over”機能が邪魔になる時の対処方法。
  2. for Nintendo Switch

    はじめてのKORG Gadget for Nintendo Switch。その素…
  3. 音色探訪

    TR−808音源をKORG Gadgetに取り込む方法。
  4. K.G.R

    「KORG Gadget Recommend」 始めます(僭越ながら・・・)
  5. Lifestyle for DTMer

    夢のDTM完全ワイヤレス化を目指して…ケンジントン「Expert Mouse W…
PAGE TOP