KORG Gadgetの画面構成を「ざっくり」知りたい

KORG Gadgetは、大きく分けて3つの画面から構成されています。

  1. ガジェットセレクター
  2. メイン画面
  3. エディット画面(ピアノロール/ガジェットパネル)

それぞれ、どんな役割を持つのかを見ていきましょう。

ガジェットTV 〜KORG Gadget ハウツー動画〜

1.ガジェットセレクター

ガジェット音源を選択する画面です。

KORG Gadgetを初めて起動した時や、新規ソングを立ち上げた時、新しいトラックを追加する際に表示されます。

List表示

ガジェットセレクターの上部にある「List」をタップすると、ガジェット音源がリスト形式で表示されます。

List表示を使うと、それぞれのガジェットをビジュアル・名前・説明文で詳しくガイドしてくれますし、

▶️ボタンをタップすれば、実際のサウンドをチェックすることもできます。

どのガジェット音源が、どんなサウンドなのかを覚えるまでは、このList表示を使ってガジェット音源を選ぶのが良いでしょう。

Grid表示

もうひとつの「Grid」をタップすると、今度はグリッド形式の表示に切り替わります。

ガジェット音源のビジュアルだけが表示されるので、List表示と比べ、欲しい音源を素早く選べます。

ガジェット選びに慣れてきたら、Grid表示を使ってみましょう。欲しいガジェットを素早く選ぶことができるようになります。

ガジェットをジャンルで絞り込む

また、ガジェットセレクターではガジェットをジャンルごとに絞り込むことが可能です。

例えば「Drum」をタップすると、現在使用できるドラム系のガジェットのみが抽出されます。

ぜひ効率的に活用して、時短を目指しましょう。

2.メイン画面

メイン画面は、ソングの全体像を把握するための画面です。

メイン画面。クリップが並び、ミキシングも行える。

メイン画面に並んでいる四角いパネルはクリップといい、いわば演奏データが格納された「器」にあたるものです。

クリップをタップすると、この後紹介するエディット画面が表示されます。

またメイン画面では、各トラックの音量調整やパン、エフェクトといったミックス作業を行うことも可能。

画面右上にある↕️ボタンを押すと、ミキサー表示のオン/オフが可能で、オフにするとクリップだけを全画面表示にすることができます。

メイン画面の詳細は、別の記事で解説しましょう。

3.エディット画面

先ほど紹介したクリップをタップすると、エディット画面が表示されます。

エディット画面には、演奏データを打ち込むためのピアノロールと、ガジェット音源を操作できるガジェットパネルが用意されています。

エディット画面。ピアノロールとガジェットパネルが表示されている。

上の画面がエディット画面です。「ピアノロール」と「ガジェットパネル」で構成されます。

ピアノロール

エディット画面では、ピアノロールを使って、演奏データを打ち込んだり編集したりすることができます。

画面左隅にピアノの鍵盤が並んでいて、縦方向で音の高低横方向で時間軸…つまり音の長さが示されています。

ピアノロール。縦方向で「音の高さ」、横方向で「音の長さ」を示す。

上の画面は、1小節内に「ドレミファソラシド」が、すべて8分音符で打ち込まれている様子です。

ガジェットパネル

ガジェットパネルは、そのクリップで使われているガジェット音源を表示します。

下に表示されているのが「Kingston」のガジェットパネル。

本物のシンセサイザーと同じようにツマミやスライダーを駆使し、サウンドを作り込むことができます。

ガジェットパネルは、エディット画面右上にある↕️ボタンをタップすることで、表示のオン/オフが可能です。

ピアノロールとガジェットパネルで構成される「エディット画面」については、別の記事でも詳しく取り上げます。

KORG Gadgetの画面構成はたったこれだけ。少しずつ覚えていこう!

この記事で解説した3つの画面の役割を覚えると、ほぼKORG Gadgetをマスターしたことになります。

意外かもしれませんが、KORG Gadgetは、たったこれだけの画面で本格的な音楽制作を行うことができるのです。

「メイン画面」「エディット画面」についてもっと知りたい方は、今後アップするそれぞれの記事でご確認ください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。