nanoKEY Studio

nanoKEY Studioの使い方② キーボード編。誰でもスケールを外さずに演奏できる方法とは?

前回はKORG nanoKEY Studioについて、主にワイヤレス設定のやり方を取り上げました。

今回はキーボード演奏の際に覚えておくと便利な機能や、演奏が楽しくなる「スケール機能」などについて紹介したいと思います。

nanoKEY Studioのキーボードについて

nanoKEY Studioの25個あるキーは、まるでコンピュータ用メカニカル・キーボードのような打鍵感。

さすがにmicroKEY Airの本物ミニ鍵盤と比べると違和感があると思いますが…まあ、スグに慣れます(笑)。

というか演奏用ではなくパラメータ入力用と捉えた場合、このキーボードはとても使い勝手が良いと思いますよ。

個人的にはイニシエのハードウェア・シーケンサーみたく、いかにも「データを打ち込んでいる」という感覚が得られるとでもいうか・・・。

もちろんベロシティ入力にも対応します。

「Octave」ボタンで、プレイする音域を変更する

nanoKEY Studioのキーボードは25鍵ですから、わずか2オクターブ分のレンジしか持ちません。

その領域外の音を演奏するために、Octaveボタンが用意されています。

Octave +または-ボタンを押すたびに、1オクターブずつ上下にシフトし、ボタンの点灯色が変わります。

「-1/+1で白」「-2/+2でピンク」「-3/+3で赤」「-4/+4で赤点滅」になり、「現在何オクターブ分シフトされているのか」が分かる仕掛け。

Octave +と-同時押しで、元のオクターブ(±0)に戻すことができますよ。

「Sustain」ボタンで、音を持続させる

このボタンを押しているうちにキーボードを弾くと、指を離しても音を持続させることができます。

ピアノやシンセのサスティン・ペダルを踏むのと、同じ効果ですね。

正確にはサスティンのMIDIコントロール・チェンジメッセージを送信…いや、この辺でやめておきましょう。笑

「スケール・ガイド機能」で、スケールを知らなくてもソレっぽく演奏できる

スケール・ガイド機能は、nanoKEY Studioに登録された15種類の音階(スケール)に合わせて光るキーだけを弾く事で、誰でもそのスケールを外さずに演奏できる機能。

アドリブ演奏をする時や、音楽理論を持たない初心者の方でも簡単に音楽的なプレイができる嬉しい機能です。

演奏するスケール(音階)を設定する

実際に試してみましょう。

本体の一番右にある“Scale Guide”ボタンを押してみてください。

ご覧の通り白鍵にあたるキー(なぜかnanoKEYは黒いのですが。笑)が、常時点灯しました。

これはデフォルトであるアイオニアン・スケールの構成音を示しています。

現在のキーはCですから、今光っているのはCアイオニアン・スケール「C,D,E,F,G,A,B」ですね。

この光っている通りに弾けば、Cアイオニアン・スケールを外さずに演奏できる…というわけです。

演奏するスケールを切り替える

別のスケールに切り替えてみましょう。

Shift/Tapボタンを押しながら、トリガー・パッド8(Scale +)を押してみてください。

リディアン・スケールに切り替わりました。

Cリディアン・スケールは「C,D,E,F#,G,A,B」ですね。その通りに光っています。

さらに次のスケールへはShift/Tapボタンを押しながらトリガー・パッドの8、前に戻す時は7を押します。

nanoKEY Studioには、計15種類のスケールが登録されていますので、お好きな音階を探ってプレイしてみてくださいね。

スケール名 スケール(Key=C) 一口メモ(筆者主観)
メジャー1(アイオニアン) C,D,E,F,G,A,B 明るい響き
メジャー2 (リディアン) C,D,E,F#,G,A,B 緊張感のある響き
マイナー1(エオニアン) C,D,Eb,F,G,Ab,Bb 物悲しい響き
マイナー2(ドリアン) C,D,Eb,F,G,A,Bb 都会的な響き
マイナー3(フリジアン) C,Db,Eb,F,G,Ab,Bb エスニックな響き
メジャー・ブルース C,D,Eb,E,G,A 明るいロックな響き
マイナー・ブルース C,Eb,F,Gb,G,Bb ジャジーな響き
メジャー・ペンタ C,D,E,G,A 童謡・ポップスっぽい響き
マイナー・ペンタ C,Eb,F,G,Bb メジャーペンタより渋い響き
ラーガ・バイラブ C,Db,E,F,G,Ab,B インドっぽい響き
リュウキュウ C,E,F,G,B 沖縄っぽい響き
チャイニーズ C,E,F#,G,B 中華っぽい響き
ベース・ライン C,G,Bb I → VIIb → V など
ホールトーン C,D,E,Gb,Ab,Bb 全音音階 調性感がぼやける
5th インターバル C,G 完全5度

演奏するキー(調)を切り替える

今度は演奏するキーを、デフォルトの”C”から別のものに切り替えてみましょう。

Shift/Tapボタンを押しながら、Octaveボタンの+/−を押してください。

キーを切り替えると、そのキーのバックライトが数秒光るので、今どこのキーにいるのかが一目でわかりますよ。

「イージー・スケール機能」で、設定したスケール通りのメロディ&コードを指先一つで演奏する

イージー・スケール機能を使うと、先ほど設定したスケール通りのメロディ&コードだけをプレイできます。

Easy Scaleボタンを押してみてください。

この状態で白鍵を弾くと、スケールに沿ったメロディだけを弾くことができ、黒鍵を弾くとスケールに沿ったコードを弾くことができます。

ためしにCアイオニアン・スケールが選ばれた状態で黒鍵を弾いてみたところ、以下のコードが演奏されました。

演奏したキーボード 鳴った(打ち込まれた)コード
C3# CM7
D3# Dm7
F3# Em7
G3# FM7
A3# G7
C4# Am7
D4# Bm7

なるほど…Cメジャー・キーのダイアトニック・コードが演奏されるわけですね。

何気にセブンスになってますから、響きが華やか。

こうして白鍵と黒鍵を組み合わて弾くことで、選択されたスケールに沿った、音楽理論的にマチガイのない演奏ができるわけです。便利ですよね。

まとめ

以上nanoKEY Studioの「キーボード」に関係する機能について解説しました。

次回以降も「タッチパッド」や「トリガーパッド」といった、入力デバイスごとに機能を紹介していきますね。

それではまた。Have a nice trip!

関連記事

  1. nanoKEY Studio

    nanoKEY Studioの使い方① 初期設定〜ワイヤレス接続の方法について。

    最近ではキーボードやコントローラーなど、iOSにも対応するデバイスが盛…

  2. テクニック

    煩わしいワイヤレス接続作業を素早く済ませるユーティリティー「Bluetooth MIDI Conne…

    今回は、コルグ社製ワイヤレス・コントローラー「nanoKONTROL …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

連載中

  1. テクニック

    KORG Gadgetでブレイクビーツ!(Bilbao編)
  2. ガジェットを演奏しよう

    演奏するスケール(音階)を設定する
  3. KORG Gadget for Mac

    はじめてのKORG Gadget for Mac。画面構成を理解する。
  4. Allihoopa

    2017 Allihoopa x KORG Gadgetコンテストが終わっての感…
  5. 特集

    nanoKONTROL Studioの使い方①「入門」編。このコントローラーで何…
PAGE TOP