• HOME
  • ブログ
  • セール情報 , NEWS 2019
  • 【6月のアップデート】KORG Gadget for iOSのサンプル・ブラウザが大進化し、Plugins for PC のガジェットコンプリートは最終段階に。期間限定セールも!

【6月のアップデート】KORG Gadget for iOSのサンプル・ブラウザが大進化し、Plugins for PC のガジェットコンプリートは最終段階に。期間限定セールも!

コルグは2019年6月27日、KORG Gadget 2 for iOS および、ガジェット音源部のみのプラグイン・コレクションKORG Gadget 2 Plugins for PCを、それぞれアップデートしました。

これで3ヶ月連続のアップデートとなったKORG Gadget 2。今回は、どんなブラッシュアップが実現したのでしょうか?

「Plugins for PC」に “Montpellier” & “Stockholm” が追加実装。残る未対応ガジェットは1つだけに。

KORG Gadget 2のガジェット音源のみを「プラグインの詰め合わせ」としてセット販売するKORG Gadget 2 Plugins for PCが、バージョン 2.3.0にアップデート。

これまで未対応だったMontpellierと、Stockholm by Reasonの2ガジェットが追加されました。

Montpellierは、ご覧の通りKORG Mono/Polyをガジェット化したもの。

4VCOアナログシンセ「Montpellier」

伝説の4VCOアナログシンセが、いよいよプラグインとしてお好きなDAWで使えるようになります。

Mono/Poly譲りの分厚いディチューン・サウンドだけでなく、8系統のバーチャルパッチ2系統のマルチエフェクターで、幅広い音作りを行えるのも魅力。

先ごろ当サイトにて実施したKORG Gadget総選挙2019では、39ガジェット中2番人気となったMontpellier。ユーザーからの熱い支持のほどがうかがえます。

Montpellierについて詳しく知りたい方は、こちらのシリーズ記事をどうぞ。

また、数あるガジェット音源の中でも一際異彩を放つループプレーヤー・ガジェットStockholm by Reasonが、満を持して登場しました。

Rexループプレーヤー「Stockholm by Reason」

Stockholmは、Propellerhead社の古豪DAW・Reasonでおなじみの「Rexファイル」を取り扱う、Dr. Octo Rex Loop Playerをガジェット化したもの。

Propellerhead Reasonのロゴマーク。

Stockholm1台につき、最大8つのループ素材(Rexファイル)を取り込むことができ、それらを切り替えるだけで様々なアレンジが行えます。

また、取り込んだループ波形をスライスして千切り、それらをMIDIとして並べ替えることで、フレーズに無限のバリエーションを与えることが可能。

具体的にStockholmで何ができるのかは、こちらの記事でご確認ください。

そしてStockholmの見逃せないポイントは、Reasonの専売特許であるRexファイルを、CubaseやLogic、Ableton Liveなど、あらゆるDAWで取り扱うことができるようになる点。

標準でRex形式のファイルを取り扱うDAWもありますが、KORG Gadgetのプラグインコレクションで実現するとは、なんとなく不思議な感じがしますね。

以上、今回のアップデートで追加された2ガジェットの解説でした。これで全40ガジェット中で未対応なのは、KORG WAVESTATIONをガジェット化したMilpitasのみとなりました。

KORG HPより。

2019年2月にデビューし、ガジェット音源のWindows対応を果たしたKORG Gadget 2 Plugins for PC。

リリース当初は、対応するガジェットを揃えることができませんでしたが、その後のアップデートで順調に追加されていきました。

おそらく次回2019年7月のアップデートでMilpitasも追加されるでしょうから、そうなればWindowsのDAW上で、すべてのガジェット音源が使えるようになります。

サンプル・ブラウザの使い勝手が大幅に向上した「for iOS」。

一方、KORG Gadget 2 for iOSは今回のアップデートにより、バージョン 4.2.2となりました。

アプリとしての安定性を向上させるチューニングがメインですが、特筆すべきはBilbaoAbū Dhabīといった「サンプル」を取り扱うガジェットにおいて、サンプル・ブラウザの使い勝手が大きく向上したこと

iOS 11から実装された「ファイル」アプリとの連携強化がなされたのです。

これまでのサンプル・ブラウザでは、プリセットのサンプルが格納された「ファクトリー」、ユーザーオリジナルのサンプルをデバイス内に格納する「ユーザー」、そしてDropboxやAudioShereなどからサンプルを取り込む「インポート」の中から、呼び出すサンプルを指定していました。

それが今回のアップデートで「Factory」「Local」「iCloud」に刷新。

まず「Factory」については、従来からの「ファクトリー」と変わりませんが…

「Local」または「iCloud」をタップすると、ブラウザの上部に見慣れないアイコンが表示されます。

左の「✓」アイコンをタップするとサンプルを複数選択できそのあとで選択したサンプルに対し「Move」「Copy」「Delete」のいずれかのアクションを行えます。

「Move」や「Copy」を選ぶと、選択したサンプルを「Local」(デバイス内)または「iCloud」(クラウド上)へ移動やコピーをすることができ「Delete」を選ぶと選択したサンプルが直ちに削除されます。これは便利!

また、サンプル・ブラウザにて右側の「↓」アイコンをタップすると…

このようなメニューが表示されます。

「Sort」はサンプル表示の並べ替えで、アルファベット順、または更新日順のソートが可能。

「import from Files」をタップするとブラウズ画面が起動し、このデバイス内やiCloud Drive、Dropboxなど、任意のロケーションに格納されたサンプルを取り込むことができます。まるでMacにおけるFinderのような操作感ですね。

他にも、AudioCopyやAudioShereへのインポートや、サンプル格納用の新規フォルダを作成することも可能。

劇的に使いやすく、自由度が高まったサンプル・ブラウザ周りの操作。間違いなく今回のアップデートの目玉機能と言えましょう。

アップデート記念セールについて。

最後に、恒例の「アップデート記念セール」情報です。

KORG Gadget 2の全シリーズが、MAX 50% OFFになっています。

セール期間は2019年6月27日(木)〜7月18日(木)まで。この機会をお見逃しなく!

今回は、2019年6月に実施されたKORG Gadget 2 Plugins for PC、およびfor iOSのアップデート情報をお伝えしました。

それではまた。Have a nice trip!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。