• HOME
  • ブログ
  • NEWS 2019
  • KORG Gadget 2が「超ド級」アップデート。決して見逃せない「4つの重要ポイント」とは?

KORG Gadget 2が「超ド級」アップデート。決して見逃せない「4つの重要ポイント」とは?

コルグは2019年8月8日、音楽制作アプリ「KORG Gadget 2」全ラインナップを対象とする、大規模アップデートを敢行。

KORG Gadget for Nintendo Switchで7月にデビューした「セガ音源」Otoriiと「タイトー音源」Ebinaが、iOS・Mac・そしてPlugins版すべてに対応したことを発表しました。

その一方で、2018年8月に登場したスタンドアロン・アプリELECTRIBE Waveのシンセ部分を移植した新作ガジェットWarszawa(ワルシャワ)を緊急リリース。

さらには、KORG Gadgetの音源詰め合わせプラグインKORG Gadget 2 PluginsのPC版に、最後まで未対応だったMilpitas(WAVESTATION)の実装が完了しました。

今回は、ユーザー待望のチップチューン音源やウェーブテーブル音源の追加など、この上なく充実した内容となったアップデートについて見ていきましょう。

ポイント① Nintendo Switchで作ったOtoriiやEbinaの楽曲を、ネット上に公開できるようになる。

今回のアップデートにより、OtoriiとEbinaがiOSでも使えるようになった事で、iOS版のコルガジェユーザーはもとより、Nintendo Switchユーザーにも多大な恩恵をもたらすことになりました。これからその理由を述べます。

Nintendo Switchというプラットフォームのポリシーで、残念ながらSwitch版のコルガジェで作った楽曲は、ネット上の楽曲共有サービス…つまり、SoundCloudやYouTubeへ直接アップすることができません。

そこで用意されているのが、QRコードを用いたiOS版へのプロジェクト転送機能です。

Nintendo Switchで作った楽曲を外部へ持ち出す唯一の手段ですが、これまでOtoriiとEbinaのないiOS版では、それらの音色を再現することができませんでした。

それが今回のリリースによって解消され、Switch→iOS→ネット上という導線が確立された結果、Switchで作ったOtoriiやEbinaの楽曲を、外界へ運び出すことが可能となったのです。

ただ、iOS版へインポートするとMarseilleの1番音色「Marseille Piano」がセットされるため、ガジェットを手作業でOtoriiやEbinaに変更する必要があります。

Switchでの音色エディットも反映されないので、音色データ込みで転送できるようにして欲しい所。今後の改善に期待です。

iOS版に取り込めたらしめたもの。GadgetCloudの仕組みを利用するなどして、セガやタイトー音源で作った楽曲をネット上にじゃんじゃんアップしましょう!

ポイント② 好みのDAWで「セガ/タイトー音源」が使えるようになる。

そして見逃せないのは、EbinaOtoriiがiOS版だけでなく、Mac版、そしてKORG Gadget 2 Plugins for Mac/PCにも実装されたという事実。

すなわち、LogicやCubase、Ableton Liveなど好きなPC上のDAWで、セガやタイトー音源が「プラグイン」として扱えるようになるのです。

上の動画は、KORG Gadget for Nintendo Switchで作ったOtoriiとEbinaの曲を、一旦iOS版に転送し、Ableton Liveへエクスポートした様子。やり方はこちらでご確認ください。

他社製DAW上で動作する、OtoriiとEbina…なかなかのインパクトでしょう?

このガジェット・プラグインの詰め合わせ「KORG Gadget 2 Plugins for Mac/PC」は単体売りも行なっていますが、最初から「KORG Gadget 2 for Mac」を購入すれば、同等の機能が手に入ります。Mac使いのコルガジェユーザーなら「for Mac」がお勧めです。

ポイント③ ELECTRIBE Wave自慢のウェーブテーブル音源「Warszawa」デビュー。

先に挙げた2つのポイントだけでも相当充実した内容ですが、さらにコルグは今回のアップデートで、新作ガジェット音源Warszawa(ワルシャワ)をリリースしました。

Warszawa

Warszawaは、iOSアプリELECTRIBE Waveに搭載された「ウェーブテーブル音源」を持つシンセサイザー・ガジェット。

通常のシンセとは音作りのアプローチが異なり、音の断片をつなぎ合わせ、それを繰り返し再生したり、波形をリアルタイムに捻じ曲げたり…といった特殊な手法をもって行います。

少々難解ですが、モノにできれば極めて洗練された、今風なアブストラクト・サウンドが手に入るでしょう。

強烈無比なフィルターと、2系統のモジュレーションを駆使したユニゾンサウンドも持ち味。

そんなWarszawaは、iOS版ではアプリELECTRIBE Waveを購入するとゲットでき、Mac版とPlugins版ではプリインストールされます。

ポイント④ プラグイン版に「Milpitas」が追加。これにて全ガジェットの実装が完了。

派手なアップデートに隠れ気味ではありますが、KORG Gadget 2 Plugins for Mac/PCに、名シンセWAVESTATIONをガジェット化したMilpitasが追加。

Milpitas

これにより、iOSやMac版と同じガジェットが、すべてPCプラグイン版でも出揃いました。

KORG怒涛の神対応。コルガジェ独自の「チップチューン文化の創造」に超期待!

今回のアップデートは、そのボリュームと大胆さに、多くのユーザーから驚きをもって迎えられたと思います。

特に、Twitter上などで要望の多かったNintendo Switch版オンリーのOtoriiとEbinaが、iOS・Mac・Pluginsすべてのラインナップに追加された事は意義深く、ユーザー想いなコルグならではの神対応だと感じます。

そして、かねてよりKORG Gadgetは、その出音からダンス系に強いと言われ続けてきましたが、このところのゲーム音源大プッシュ施策により「コルガジェならチップチューン」との呼び声も高まることでしょう。

今後もそんな「純国産DAW」らしい、独自の立ち位置が確立されていくことを期待したいですね。

それではまた。Have a nice trip!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。