新ガジェット「Fairbanks」デビュー。シンプル操作で幅広いサウンドメイクが楽しめる、オートモード・シンセ?

KORGは2020年10月13日、ハイクォリティー楽器演奏アプリ「KORG Module」をアップデート。

KORG HPより

今回の目玉は、GarageBandやCubasisなど、他の音楽制作iOSアプリのプラグインとなるAUv3対応、そして新作ハイブリッド・デジタルシンセサイザーの投入でしょう。

これでKORG Moduleに搭載されたインストゥルメントは6つになりました。すべてKORG Gadgetで使うことができますが、この新作シンセについてはガジェット音源 Fairbanks(フェアバンクス)として動作します。

今回は、久方ぶりの新作ガジェットとなったFairbanksについて取り上げます。

リード・パッド・シーケンスサウンド…「振り幅の広い」サウンドが自慢

このFairbanksは、自らを「デジタル・ハイブリッド・シンセサイザー」と名乗るだけあり、非常に幅広いサウンドが持ち味。

このビデオでお聴きの通り、アナログなウォームパッドから、突き刺すようなシンセリード、キラキラしたFM音色やテンポと同期したシーケンスサウンド、果てはノイジーなキテレツサウンドまでをフォローする、なんとも一筋縄ではいかないガジェットです。あらゆるベクトルのサウンドを網羅する、欲張りシンセいう印象。

筆者としては、モジュレーションを効かせた「アンビエント向けシンセ」としてもイケると感じました。

使うツマミは8つだけ…?Fairbanksの「超簡素な」パネル構成

そんな幅広いサウンドメイクが行える、Fairbanksのガジェットパネルを見てみましょう。

パネル上部に音色エディットを行うためのノブが8つあり、その左にピッチベンドモジュレーションホイール。下へ行くと、モジュレーション系とアンビエント系のマルチエフェクターが見えます。

そして次の画面は…と行きたいところですが、なんとこれだけなんですね。今までのガジェット音源にない、極めてシンプルな構成です。

しかしFairbanksは記事の冒頭でも紹介したように、バラエティーに富むモジュレーション・サウンドを作ることが可能。なぜこんなに簡素なパネルで、高度な音作りを行うことができるのでしょうか。

その秘密は、プリセット音色を切り替えると、そのエディットにふさわしいパラメーターがノブに割り当てられるという仕様にあります。音色エディットを司る8つのノブですが、パラメーターが固定ではないんですね。

そんなFairbanksの音作りは、ユーザーが欲しい傾向のプリセットを選択することから始まり、それを追い込んでゆくのが基本となります。

美味しいパラメーターに自動フォーカス…まるでカメラのオートモード。シンプル操作で、目的のサウンドを素早く作れる、極めて効率的なワークフローといえましょう。

別売サウンドパックで、音作りの幅を広げることも可能

標準搭載されたプログラム数は30と多くはありませんが、筆者はこれらを、音作りのベースとなる「基本波形」のようなものだと捉えています。

しかし、それでは物足りないという方に向け、エクスパンション・サウンド・パックが2パッケージほどリリースされています。

Hybrid Synth Pack 2は、Fairbanksのプリセットをさらに拡張する、即戦力なパック。

Cinematicは、壮大な響きをたたえたワンショットやドローンが収録された、シネマティックサウンド、そしてアンビエントにうってつけなパックです。

特に後者は、これまでKORG Gadgetにあまりなかった傾向のサウンドをもたらしてくれます。手持ちのカードを増やしたいクリエーターは要注目ですよ!

パラメーターが分からなくても何とかなる親切設計。難しく考えず音作りを楽しもう!

今回は取り上げたFairbanksは、これまでのKORG Gadgetのどのシンセにも似ていない、とてもユニークなガジェットに仕上がっていると感じました。あらゆるサウンドスケープを網羅する、良い意味で「ごった煮」的な音源という印象です。

それでいて、わずか8つのノブで多彩な音作りが楽しめる…それゆえ、混乱してしまうこともあるかもしれません。

でも大丈夫。実際この「パーシャル」など理論的に結構難しいのですが、そんな専門知識を持たずとも適当にグリグリやるだけで、派手な音色変化が得られます。

簡単操作で目的の音がすぐ手に入る…実にKORG Gadgetらしい、分かりやすく親切仕様な優良ガジェットだと思うのですが、いかがでしょう。

今回は、デジタル・ハイブリッド・シンセサイザー・Fairbanksを紹介しました。

それではまた。Have a nice trip. ciao!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。