ガジェットを演奏しよう

演奏するガジェット楽器を選択する

今回から「ガジェット演奏編」スタート

最初のチャプターでは、KORG Gadgetの基本操作についてざっくりと紹介しました。

ここからは実際に、KORG Gadget自慢のモバイル楽器を演奏してみたいと思います。

まずは、基本となるタッチパネル上での演奏方法について説明します。

 

新規ソングを作成する

それでは演奏準備に取り掛かりましょう。

前回までのチュートリアルで用いたデモソングを閉じて、真っさらなソングを作成します。

ヘッダーのファイルボタンをタップし、新規を選んでください。

img_0774

 

すると、ソングのタイトル名を入力するためのダイアログが現れます。

すでに何やら、英語のタイトルが表示されていますね。

KORG Gadgetが自動生成してくれるのですが、残念ながら意味不明な曲名になるケースが多いです。。

オリジナルのタイトルを考える際の参考とした方がいいでしょう。

ちなみに、右にあるアイコンをタップするたび、次々と新しいタイトルを提案してくれます。

img_0775

 

ここは無難に“My First Demo”と修正入力しました。

タイトルは後からいくらでも変更可能ですし、漢字やカナなども入力できるので、気楽に入力してください。

img_0780

 

演奏したいガジェットを選ぶ

KORG Gadgetは、トラック作成時に即戦力となる15種類ほどのガジェットを搭載していますが

もしあなたが、体験版である“KORG Gadget Le”をお試しの場合は、そのうち3種類しか選択できません。

とはいえ演奏するための機能そのものに制限はありませんから、今回は無料版でも選べる“Marseille”で演奏してみましょう。

ピアノやブラス、ストリングスといった生音系サウンドが得意な、とても使い勝手の良いマルチ音源です。

 

それでは、さきほどのダイアログにてタイトルを入力したら、OKをタップしましょう。

img_0781

 

ガジェットの選択画面が表示されるので“Marseille”をタップします。

img_0782

※もし真っさらなメイン画面が表示されている場合は、画面左下にあるトラック追加ボタン(➕)をタップしてください。ガジェット選択画面が表示されます。

img_0778

 

Track 1に、Marseilleがセットされた状態のメイン画面が表示されます。

img_0783

 

…少々長くなりましたので、今回はここまで。

次回はいよいよ、選んだガジェットを使って実際に演奏してみます!

関連記事

  1. ガジェットを演奏しよう

    プリセット音色をロードする

    ガジェット内蔵のプリセット音色「プログラム」を呼び出すMarsei…

  2. ガジェットを演奏しよう

    演奏するスケール(音階)を設定する

    最初から「コード機能」が「Cドリアンスケール」で設定されている前回…

  3. ガジェットを演奏しよう

    iPadのタッチパネルで演奏する

    とりあえず画面上の鍵盤を弾いてみる今回は、前回選択したガジェット"…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

連載中

  1. Helsinki

    ポリシンセ・ガジェットHelsinkiについて。ドリーミーなパッドサウンドを作ろ…
  2. チュートリアル

    KORG Gadgetを購入する前に知っておきたい4つのこと。
  3. Lifestyle for DTMer

    かんたんオフィシャルサイトのススメ。たった3つのステップで。
  4. Allihoopa

    3つの新ガジェットにNKS対応、Allihoopaとの連携強化も。KORG Ga…
  5. NEWS 2017

    “使える”プリセット音色を大量ゲット!KORG Gadg…
PAGE TOP