2.2 iPadやiPhoneのタッチパネルで演奏する。

KORG Gadget 初心者向けチュートリアル「ガジェットを演奏してみよう」編。

2回目の今回は、前のレッスンで選んだガジェット「Marseille」の鍵盤を、実際に弾いてみたいと思います。

とりあえず画面上の鍵盤を弾いてみる。

前回開いたメイン画面にて、クリップ(またはMarseilleのアイコンをタップしてください。つまり・・・

img_0784

または、

img_0785

タップ。

すると、Track 1のエディット画面が表示されます。すでにMarseilleのガジェット・パネルが準備されていますね。

img_0787

さっそく画面上の鍵盤をタップしてみましょう。iPadやiPhone本体のボリュームを上げるのを忘れずに!

あなたのiPad/ iPhoneから、ピアノの音が鳴り響きました!

ガジェット・パネルを拡大表示する方法。

鍵盤が小さくて演奏しづらい方は、ガジェット・パネルの鍵盤やパラメーター「以外」の場所でダブルタップしてみましょう。

img_0799

すると、画面全体に「ガジェット・パネル」が拡大表示されます。かなり弾きやすくなったのでは?

img_0797

再度どこかをダブルタップすると、元のサイズに戻せます。

この拡大表示は、パラメータのエディットを行う際にも有効ですよ。

さて次回は、演奏や打ち込み時にとても便利な「スケール機能」について説明します!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。