for Nintendo Switch

【Gadget for Switchの使い方】③ 「Marseille」で、コード(和音)を打ち込もう。

2018年4月26日に配信がスタートした「KORG Gadget for Nintendo Switch」。

登場以来、Twitter上では、Switchのキャプチャー機能を生かした自作曲の「30秒動画」が次々にアップされたり、早速ニュースサイトでレビュー記事が登場したりと、大いに賑わっています。

この盛り上がりに便乗?すべく、当Gadget-Junkies.netでも始まった新シリーズ「for Switch特集」。

これまでのチュートリアルでドラム、ベースと来ましたから、今回は「コードトラック」作りに挑戦してみたいと思います。

「ポリフォニック音源」を用意する

KORG Gadgetでのトラック・メイキングは、常に「ガジェット選び」から始まります。

では、これから行おうとしている「コード入力」では、どのガジェットを選ぶのが良いでしょう?

赤枠で示したガジェットがポリフォニック、つまり「一度に複数の音を発声できる」音源です。

今回のテーマ「コードトラックの入力」を行うガジェットは、この中から選ぶのが最適解。

これから和音を打ち込もうとしているのに、「単音」しか出せない音源では困りますからね。

もっとも、モノ音源でトラックを3つ作り、各トラックにコードの構成音を一音だけ入力すれば、決して不可能ではないですが…。

PCM音源モジュール「Marseille」

さて、コード入力には「ポリフォニック・シンセ」ということで、8つのガジェットに絞られました。

それぞれ個性的な音源ですが、今回はピアノやブラスといった「生楽器系のサンプル」を取り揃えたMarseille(マルセイユ)をチョイスしましょう。

このMarseilleですが、実はシンセサイザーではなく「音源モジュール」。シンセのような音作りを行うのではなく、リアルな生音系サウンドに特化したガジェットです。

ピアノでコードをステップ入力する

いつものようにGadgetを立ち上げ、制作中のソングデータをロードしてください。

ドラム・ベースに次ぐ、3つ目のトラックを作ります。

ガジェットセレクターで、Marseilleを選択。

トラック 3に、Marseilleが立ち上がりました。早速クリップを開きましょう。

ピアノロールにコードを入力する

トラック 3「Marseille」のピアノロールです。ちなみに音色は「001 : Marseille PIANO」。

この画面を見て、「斜線のあるグリッド」と「斜線のないグリッド」のあることに気付いた方はスルドい!

しかも「斜線のないグリッド」をピックアップすると、こんな音の階段になっています。

これは、デフォルトで設定されている「Cドリアン」というスケール。

スケールとは「マイナースケール」や「琉球音階」などのことで、これらをうまく活用すると、いわゆる音楽知識のない方でも実に情緒のある、かつ破綻なき曲作りが可能となります。

しかし、今この機能は不要。いさぎよくオフにします。

スケール機能をオフにする

Xボタンでメニューを表示し、「スケール/キーの設定」を選択。

以下のポップアップにて、スケールを「Chromatic」にしてください。

スケール表示がオフになりました。

とはいえ、スケールがとても重宝するシーンがあるのも事実。

あなたの音楽センスを目覚めさせる「スケール機能」の活用術については、また別の機会に取り上げたいと思います。

1小節目に「C」を入力する

今回のチュートリアルでは、トラック 3の1小節目に「C」、2小節目に「F」のコードを打ち込んでみましょう。

まず、Cは「ド・ミ・ソ」。これは3和音で構成されています。

これをピアノロールで入力すると、このようになります。

Cの構成音で、この通りにステップ入力してみてください。

2小節目に「F」を入力する

続いて、2小節目にコード「F」の入力。

まず、前回のチュートリアルでやったように、ピアノロールを2小節分に拡げてみましょう。

Xボタンでメニューを表示し、「クリップの長さ」→「2 小節」です。

Fは、このように「ファ・ラ・ド」の3和音で構成されています。

Cの時と同じように、2小節目のエリアにFの構成音でステップ入力します。

前回のチュートリアルで覚えた「コピー&ペースト」技で、ササっと打ち込んじゃいましょうね。

ベロシティーを調節する

ここまで入力したトラックを、ちょっとYボタンでプレイしてみてください。

Marseilleの「001 : Marseille PIANO」音色で、コードが「C→F」と演奏されますが……生ピアノにしては、少々違和感があることに気づくでしょう。

その理由は、「どの音も全く同じで大きさで抑揚がない」事「どの音もジャストタイミングすぎて機械的」である点だと思われます。

もちろんテクノなど「あえてジャストで打ち込む」ことを良しとするシーンもありますが、自らの表現を広げるため、単調さを回避するテクニックはぜひ覚えておきたいもの。

ではまず、音のベロシティー(音量)を調節するやり方から紹介します。

Xボタンでメニューを開き、「ベロシティーを編集」を選択。

すると、ベロシティーのパラメーターを設定するエリアが、ピアノロール下半分に出現します。

これから一つ一つの音のベロシティーを調節したいのですが、なにせ「ジャスト」で打ち込まれているので、コード部分の音が完全に重なっていますよね。

重なった部分の音を切り替えるには、そこへカーソルを持っていき、左Joy-Conのスティック上下操作で音を選択してください。

今回は、こんな感じでベロシティーを散らしてみました。

グリッドを1/64にして発音タイミングをズラす

違和感の原因その2「タイミングがジャストすぎる」点も修正しましょう。

グリッド単位を短くして、コードを構成するノートの発音タイミングを、前後にズラすテクです。

Xボタンでメニューを開き「グリッド」→「1/64」と選択。

すると、ピアノロールで入力できる最小単位が、デフォルトの1/16(16分音符)から1/64(64分音符)になります。

この1/64単位で、コード構成音の発音タイミングを前後に移動してください。

「ポロロ〜ン」と鳴らすため、このように音をズラしました。

「スイング」機能を活用する

もう一つ、ソング全体をスイングさせるやり方もあります。

スイングは、前の音を長めにとり、その分後ろの音を短めにとることで「ダッツ|ダッツ|ダッツ|ダッツ」となるリズム。

曲全体に「揺れ」がもたらされます。

やり方は、オーバービュー画面でXボタンを押してメニューを表示し、「曲の設定」を選択。

「曲の設定」ポップアップの「スイング」で、その量を設定してください。

Yボタンで再生させながら数値を変えると、効果がわかりやすいでしょう。

スイング量に決まりはなく、あなた好みで設定してだいじょうぶですよ。

あとがき

ここまでのチュートリアルで、「ドラム」「ベース」「コード」と、3つのトラックを「ステップ入力」で作っていきました。

経過時間にとらわれず、ゆっくりじっくり自分のペースで打ち込めたかと思います。

次回はその真逆。勢いよくソングを再生させながら、ノートやパラメーターをどんどん記録していく「リアルタイム入力」について解説します。

両方の入力方法をモノにすれば、ますます効率的に打ち込むことができますよ!

それではまた。Have a nice trip!

関連記事

  1. for Nintendo Switch

    【速報】「KORG Gadget for Nintendo Switch」は4月26日配信。DL価格…

    2018年4月19日未明、任天堂のe-コマースサイトec.Ninten…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

KORG Gadget for Nintendo Switch 特集ページ

PICKUP

SERIES

LATEST ARTICLE

  1. 外部との連携

    作成したトラックを外部へ持ち出す6つの方法(エクスポート)
  2. テクニック

    KORG Gadgetの音色を「ユーザー同士がシェア」する方法。
  3. Lifestyle for DTMer

    KORG Gadget初心者から始める、DTM「レベル別」セットアップ4案。
  4. Chicago (Acid)

    アナログベース・ガジェットChicagoについて。太っとくブリブリなアシッドベー…
  5. 音色探訪

    「クロス・モジュレーション」で、Let’t la FM! Montp…
PAGE TOP