MENU

【Gadget for Switchの使い方】⑥ Joy-Conひとつで和音が弾ける「グローバル・コード機能」はとっても美味しい。

  • URLをコピーしました!

KORG Gadget for Nintendo Switchのリリースを記念し、連載がスタートしたチュートリアル・シリーズも6回目。基本的な打ち込み方や、Joy-Conを使ってのモーション演奏など、操作方法については網羅できたと思います。今回は応用編として、覚えておくと便利なグローバル・コード機能について解説。集中連載してきた「for Switch」特集も、そろそろ完結に近づきつつありますが、もうしばらくお付き合いくださいませ。

目次

グローバル・コード機能とは

グローバル機能をオンにすると、設定したスケール内に収まるセブンス・コードを、自動的に演奏してくれます

どういうことかというと、現在選択中のスケールがCドリアン・スケールだとしましょう。Cドリアン・スケールは、こんな音階です。

音名でいうとC・D・E♭・F・G・A・B♭・C。それ以外の音は、Cドリアン・スケールから外れている事になります。つまり、ユーザーが設定したスケール音だけで構成されたセブンス・コードを自動演奏してくれることで、音楽知識のない初心者でもコードを弾けるようになるのがグローバル・コード機能
しかも、セブンス・コードでありながら4和音すべてを弾く必要はなく、ユーザーはルート音、つまり第一音を弾くだけで、リッチなセブンス・コードが響いてくれる…という、お手軽で便利すぎる機能です。

ためしにSCALEボタンへカーソルを持って行ってAボタンを押し、Cドリアン・スケールを選択したあと、グローバル・コード機能をオンにして、ガジェットの鍵盤でC(ド)を弾いてみてください。

すると、このようにC・E♭・G・B♭の音が、同時に鳴ってくれます。

これはCm7というセブンス・コード。この4つの構成音は、たしかにCドリアン・スケールから外れていませんよね。
今度はD(レ)の音を弾いてみましょう。D・F・A・Cが同時に発音され、Dm7のコードが演奏できました。

Cドリアン・スケールグローバル・コード機能を使うと、こんなコードが演奏されます。

もちろんCドリアン・スケールに収まるコードは、上のものだけではありません。あくまで代表的なコードですが、これだけゴージャスな響きを持つセブンス・コードを鳴らすことができれば、初心者の方にとっては必要十分ではないでしょうか。
もちろん他のスケールを選んでも、そのスケールに沿った適切なコードを、自動的に演奏してくれますよ!

スケール&グローバル・コード機能は、KORG Gadgetらしい「優しさの象徴」

前回のスケール機能に続き、音楽初心者にとっては非常にありがたいグローバル・コード機能を紹介しました。この2つの機能は、作曲の楽しさを万人に解放しようとするKORG Gadgetらしい「粋な仕掛け」だと筆者は感じます。これらの機能で作曲のトビラを開き、曲作りに慣れ親しんできたら、ゆくゆくはコードモードの理論を勉強して、ミュージシャンとしてステップ・アップしていきましょう!

佳境を迎えるKORG Gadget for Nintendo Switch特集。もう少しだけ続けます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

KORG Gadgetエヴァンジェリスト。 http://www.Gadget-Junkies.net 運営。ロックなダンスビートにピコピコサウンドを乗せ、昔のビデオゲームっぽい音楽も作ってます!

コメント

コメントする

目次