MENU
GadgetSonic 2021 グランプリ発表! 詳しくはこちら

アンプシミュレーション・ガジェットRosarioの実力とは?色々なサウンドを突っ込もう!

前回のブログでは、KORG Gadgetのプリセット音だけでエレクトリック・ギターの打ち込みに挑戦しました。

今回は応用編として、前回の打ち込みギタートラックをギターアンプシミュレーターのRosarioに入力させ、さらにギターらしい質感を加えてみたいと思います。

目次

ギターアンプ・ガジェット"Rosario"とは

RosarioはKORG Gadgetがオーディオトラックに対応したのと同時に用意された、ギターアンプシミュレーター・ガジェット。

実際にギターを演奏して、その音をオーディオ・インターフェースを介してMacやiOSガジェットに入力させる…のが、Rosario本来の使い方なんでしょう。

しかし実はWAVファイルのインポートにも対応しているんですよね。

オーディオを扱えるガジェットには、Zurichという万能型もありますが、今回はギター用エフェクトが充実しているRosarioを試してみたいと思います。

ケース1 KORG Gadget for Macでのやり方

それではMalseilleで作ったギタートラックをWAVファイルとしてエクスポートし、Rosarioのギターアンプに取り込むやり方を紹介します。

ギタートラックをWAVファイルにしてDropboxへエクスポートする

ファイル>エクスポート>オーディオファイルを選択します。

表示されたダイアログにてMARSSEILLEでギターを打ち込んだトラックを選択し、Exportボタンをクリック。

エクスポート先を指定するダイアログが表示されます。デフォルトではiCloud Driveが選択されていますが、もしiOS版との連携を行う場合はDropboxの方をオススメ。

理由は、iOS版がiCloud Driveからのインポート/エクスポートに対応していないから(2017年5月現在)。

ということでMac版だけでトラックメイキングを完結される方以外はエクスポート先をDropboxにしておいた方が無難です。

もし Dropbox を使われていない方は、これを機にインストールしましょう。KORG Gadgetをクラウドで扱え、とても便利ですよ!

ともかく、このダイアログのプルダウンメニューからDropboxを選択して「エクスポート先を選択」をクリック。これで打ち込んだギタートラックがWAVファイルとしてDropboxにアップロードされました。

ギタートラックのWAVファイルをRosarioにインポートする

KORG Gadget上で新規トラックを追加(Command + T )し、表示されたガジェット・セレクターにてRosarioを選択。

エディット画面に、Rosarioのトラックができましたね。インポートを開始するシーンを選択します。

Rosarioの波形表示部の左下にあるImportをクリック。

先ほどエクスポートした、ギタートラックのWAVファイルを取り込みます。ダイアログがDropboxの中身を表示していることを確認し、インポートしたいファイルを選択。

そして「オーディオを複数のシーンに続けて取り込む」にチェックマークを入れ、「開く」をクリックしてください。このチェックを入れないと、一つのシーンに全ての波形が取り込まれてしまいます。

これでMarseilleで打ち込んだギタートラックが、Rosarioに波形データとして取り込まれました。あとはRosario自慢のギターアンプをエディットして、好みのサウンドに仕上げましょう!

ケース2 KORG Gadget 2 for iOSでのやり方

for iOSの場合はヘッダー左上にあるファイルボタン>エクスポートとタップし、エクスポートメニューからDropboxを選択してください。

先ほども触れましたが、なぜか"iCloud Drive"という出力先が存在しないんですよねえ。。あとはfor Macと同じ流れでOKです。

まとめ動画

文章だけでは、どんなサウンドになったかをお伝えできないので、動画を作ってみました。

Scene 1〜9まではRosarioのオーディオトラックを鳴らしていて、Scene 6からは別のアンプに変更。Scene 10からはMarseilleのプリセット音色による「素」の打ち込みギターサウンドです。

…どうでしょう。よりギターっぽくなった気がしませんか?

本来はノン・エフェクトのクリーントーンをアンシミュに突っ込むべきなのだと思います。しかしKORG Gadgetのギター音色にそのようなものがないので、やむなくエフェクトを二重にかける形になっています。

ギターに限らず、何でもアリでいきましょう!

以上、KORG Gadgetでギタートラックを作るやり方をお伝えしました。Maeseilleで打ち込んだギタートラックをWAVファイルにし、Rosarioにインポートさせるという試みでした。

しかし、こいつに食わせる音源はギターじゃなくてもいいんです。

たとえばトレモロの効いたエレピをさらに枯れさせるなり、iPhoneにマイク突っ込んでデス声作るなり、あなたの自由な感性で、色々なサウンドを突っ込んで、様々な実験をしてみましょう。

音作りにルールや決まり事なんてないんですから、何でもアリの精神でいきましょう!

それではまた。Have a nice trip. ciao!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

KORG Gadgetエヴァンジェリスト。 http://www.Gadget-Junkies.net 運営。ロックなダンスビートにピコピコサウンドを乗せ、昔のビデオゲームっぽい音楽も作ってます!

コメント

コメントする

目次
閉じる