Lifestyle for DTMer

【2018年改訂版】iPhoneやiPadの皮脂よごれに悩むあなたへ…「実力派パネルクリーナー」6製品レビュー。

日々iPadやiPhoneでトラックメイキングに勤しむ私たちにとって、タッチパネルに付着する皮脂よごれは永遠に悩まされるテーマ。

アブラっぽい画面はそれだけで不快なのはもちろん、その状態を放置するとパネルの操作感に悪影響を及ぼします。

そこで今回は、2018年現在販売されている各種クリーナー6商品を取り寄せ、実際に試した結果をレポートしたいと思います。

ELECOM 超強力クリーニングクロス

  • 性能:☆☆☆☆☆
  • 見た目:☆☆
  • 使い勝手:☆☆☆☆
  • 経済性:☆☆☆☆☆

一番手はAmazonでベストセラー1位のクリーニングクロス。

KBセーレン社が開発した超極細分割繊維「ベリーマX」を用いたクロスで、指紋汚れや油脂などを一気に拭き取ることができます。

さすがはベストセラー1位の実力というか、パネルにべったり付着した油脂も4〜5回繰り返し拭けば、根こそぎ取れますね。

起毛感のある材質で厚みもあり、モフモフとした柔らかな肌触りでした。

ただし出先で使うには少々かさばるので、適切な大きさにカットするのが良いでしょう。

東レ Tabletトレシー

  • 性能:☆☆☆☆
  • 見た目:☆☆☆
  • 使い勝手:☆☆☆
  • 経済性:☆☆☆☆

こちらは東レが開発した「トレシー」で出来たクリーニングクロス。

直径約2ミクロンの超極細繊維が、普通の繊維ではなかなか取れない汚れもキレイに拭き取ります。

エレコムのクロスとの違いは、薄手でサラサラとした素材感。

数回の拭き取りでパネルの油脂が完璧に取れますが、エレコムと比べ拭き取りに力が必要で、油脂除去力では一歩譲る印象でした。

SOFT99 FIBAXクリーニングパッド

  • 性能:☆☆☆☆
  • 見た目:☆☆
  • 使い勝手:☆☆☆☆☆
  • 経済性:☆☆☆☆☆

本来はカーナビの画面を拭くために開発されたクリーニングパッド。

素材はマイクロファイバーなので、油脂除去力にまったく問題ありません。

写真でもわかる通りコンパクトで、指を入れて画面をゴシゴシでき使い勝手は良好。

サッと取り出し、スマートにパネルをクリーニングできるので、外出時に大活躍します。

KING JIM タッチパネルクリーナーicolocolo

  • 性能:☆☆
  • 見た目:☆☆
  • 使い勝手:☆☆
  • 経済性:☆

ここからは、ローラー式クリーナーをご紹介。

パネル上でコロコロ転がしてヨゴレを取るのが面白いですね。

こちらは、日東電工が開発した「触ると粘り気のあるテープ状素材」で、カーペットのホコリを除去するローラーと同じように、ヨゴレが取れなくなったらテープを切り離して使うというもの。

したがって、使い切ったらスペアテープに交換する必要があります。

これまで紹介したクロス系のクリーナーは水洗いができて繰り返し使えるので、これは大きな欠点と言わざるを得ません。

パッケージには「時間経過で粘着力が回復」と謳われていますが、一方ローラー1周分で約40回使用可能らしく、10回以上コロコロしないとクロス並みにキレイにならないことから、経済性で劣るように思います。

またこの形状は、ハッキリ言って携帯するのに向いていません。

直接ゴシゴシしなくて済むのでパネルに優しいのと、コロコロするのが楽しい気もするのが、この製品のメリットでしょうか…。

スペックコンピュータ イージークリーニングローラー

  • 性能:☆☆
  • 見た目:☆
  • 使い勝手:☆☆
  • 経済性:☆☆

こちらもローラー式クリーナー。

ただしKING GIMのコロコロとは違い、水洗い可能で約10,000回繰り返し使えるという触れ込みです。

シリコンラバー製で、触るとしっとりしてますね。

ただ水洗いできるとはいえ、それ自体がメンドーな気がしますし、油脂除去力も特段優れているように感じません。

ヒゲ剃りみたいな無骨な見た目も、特に女子にとってはソソられないかも。

まあ、クリーナーにビジュアルを求める方がオカシイのでしょうけども…。

ニトムズ Shimoncolocolo タッチパネルクリーナー

  • 性能:☆☆
  • 見た目:☆☆
  • 使い勝手:☆☆
  • 経済性:☆☆☆

最後は、コンパクトなローラー式クリーナーをご紹介。

本体をつまんでコロコロさせ、ヨゴレを除去します。

「約2,000回繰り返し使える」とのことですが、水洗いが可能かどうかは特に記載がなく不明。

先にあげたローラーに比べれば幾分スマートな印象ですが、iPadなど9~10インチクラスのタブレットで使うには小さすぎます。

皮脂除去能力も特に優秀とは思えませんが、価格が比較的安く、出先でスマートフォンに使うには良いでしょう。

それは、普段使いにマッチするか?

スマートフォンやタブレットの画面を拭くための「タッチパネルクリーナー」6商品をレビューしました。

今のところ性能・価格面ともクリーニングクロスが圧倒的に勝り、今回取り上げた中ではエレコムのクロスが優秀という結論です。

これと、SOFT99のコンパクトなマイクロファイバークリーニングパッドを、おうちと出先で使い分けるのが良いですね。

とはいえ使い方は人それぞれ。この記事を参考に、あなたにとってベストなクリーナーを探してみてはいかがでしょうか。

それではまた。Have a nice trip!

関連記事

  1. Lifestyle for DTMer

    夢のDTM完全ワイヤレス化を目指して…ケンジントン「Expert Mouse Wireless Tr…

    私たちDTMerにとって、マウスは自らの意思を作品に吹き込むための道具…

  2. Lifestyle for DTMer

    モバイルDTMerが持ち歩くべき「カバン」についての一考察。

    KORG Gadgetを筆頭に、iPhoneやiPadに対応する音楽制…

  3. Gadget days

    すべてのクリエーターへ贈る「創作&睡眠時間捻出」のためのアイディア9選。

    筆者のような、ありふれたサラリーマンが作曲やブログに手を染めると、必然…

  4. Lifestyle for DTMer

    KORG Gadget初心者から始める、DTM「レベル別」セットアップ4案。

    少々遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。2018…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LATEST ARTICLE

サウンドハウス

Gadget-Junkies.net コンテンツメニュー

KORG Gadget for Nintendo Switch 特集ページ

PICKUP

過去に開催したコンペティション

  1. 2.ガジェットを演奏しよう

    2.1 演奏するガジェット楽器を選択する。
  2. Allihoopa

    2017 Allihoopa x KORG Gadgetコンテストが終わっての感…
  3. かんたんシンセ入門

    KORG Gadgetで学ぶ「かんたん」シンセ入門。第4回「アンプで音量を調整し…
  4. 1.ソングを聴いてみよう

    1.2 「Tempo」ボタンで、ソングのスピードを変更しよう。
  5. 3.トラックを作ってみよう

    3.7 アルペジオを入力する。
PAGE TOP