KORG Gadget初心者から始める、DTM「レベル別」セットアップ4案。

少々遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

2018年も、KORG Gadget激推しサイト「Gadget-Junkies.net」を宜しくお願いいたします。

愛する国産DAW・KORG Gadgetのさらなる発展を願いながら、今年もお役立ち記事をガンガン書いて行きたいと思っております。

さて、今回はいつもと趣向を変え、KORG Gadgetを中心とした「音楽制作環境おすすめセットアップ」を提案する記事です。

初めてKORG Gadgetに触れようとする方から、徐々にユーザーとしてのキャリアを重ねていく過程で制作環境もステップ・アップできるよう、レベルアップするごとに機材を買い足していく……という切り口で書きました。

できるだけ安価、かつ信頼の置ける機材をピックアップしたつもりですが、基本的に独断と偏見。

すでにコルガジェ上級者の方も、制作環境の見直しや、新たな発見があるかもしれませんので「初春の読み物」としてお目汚しくださいませ。

(価格は2018年1月現在のもので、KORG及びApple製品以外はSoundHouseさんの値付けです。)

レベル① タイニー・セットアップ

「まずは気軽に試したい」「初めての音楽制作」「とにかくお金がない」・・・そんな方向けの最小限セットアップ。

iPhoneユーザーなら、初期費用0円のプランです!

iPhone(39,800円〜129,800円)

KORG Gadgetは、iPhoneがあればすぐに始めることができます。

始めるだけなら、他の機材は必要ありませんので、iPhoneを持っている方は気軽に試せますね。

ただし快適なトラックメイキング作業を目指すなら、画面サイズは重要。

今のiPhoneは4.7インチが標準ですが、できれば5.5インチの「Plus」で使いたいところです。

また、あまりに古いモデル(iPhone 5s以前など)だとスペック的に厳しくなりますし、iOS 9.3以前には対応しないのでご注意ください。

iOSアプリ「KORG Gadget Le」(0円)

Leは、KORG Gadget iOS版の無料ライトバージョン。

使える音源は「モノフォニックシンセ」「マルチ音源」「ドラムマシーン」の3種で、使用できるトラックは3までですが、作ったデータは自由に保存でき、試用期間もありません。

実際のところ、Leだけでトラック・メイキングを続けているユーザーも多く存在する様子。

まずはLeで、KORG Gadgetの世界を無料体験してみましょう!

レベル② ベーシック・セットアップ

KORG GadgetをLeで体験し、その素晴らしさを知ってしまった方向けの、ごく基本的なセットアップです。

iPad(37,800円〜148,000円)

KORG Gadgetは、かつてiPad専用の音楽制作アプリでした。iPhoneには後から対応したのです。

もちろんiPhoneで使う時は、その画面でも使えるよう最適化されますが、本来はiPadの画面サイズ用の設計。

ですからKORG Gadgetの持つポテンシャルを最大限に生かすなら、iPadを選ぶのが最適解となります。

最も大きい12.9インチの「Pro」が快適なのは言うまでもありませんが、スタンダードな9.7インチで十分です。KORG Gadgetがデビューした時、iPadはこのサイズのみでした。

7.9インチの「mini」でも、若干鍵盤が弾きづらくなるものの基本操作に問題はないでしょう。iPhoneよりは断然大きいですしね。

Apple iPad Pro 10.5インチ Wi-Fi 256GB MPF02J/A [シルバー]

iOSアプリ「KORG Gadget」(4,800円)

KORG Gadgetは、他社製DAWでしばしば行われる「機能で価格差のついたラインナップ」は用意されていません。先ほど紹介した「Le=無料版」と「有料版」のみです。

シンセやドラムマシンなど、様々なガジェット音源18種を使用でき、使えるトラックは無制限。各種エフェクトや連携機能が可能となるなど、Leにおける機能制限が全てアンロックされます。

またKORG Gadgetには多くの「別売ガジェット」が用意されていて、上の画像にあるイニシエの名機「KORG Mono/Poly」のガジェット版など、すべて揃えれば倍近くまで拡充することが可能。

とはいえ、最初から全ての音源を揃える必要はありません。

プリインストールされた標準ガジェットも魅力的。当面はそれだけで、とても満足なトラックメイキングが楽しめる事でしょう。

レベル③ スタンダード・セットアップ

すっかりKORG Gadgetにも慣れて、もっと本格的に音楽制作したいな・・・。

そんな方は、以下のセットアップはいかがでしょう?

ノートPC「MacBook」(142,800円〜175,800円)

あなたがiOS版で培ったノウハウを、Macの広大なデスクトップ上でさらに活かしましょう。

大きな画面やトラックパッド、キーボード・ショートカットによって、非常に快適な曲作りが行えます。

iCloudを活用すれば、iPhoneやiPadとのシームレスな連携により「自宅でMac・出先でiOS」という夢のワークフローが実現。

よほど多くのトラックを使うのでなければ、薄型で軽い、今のMacBookで十分です。

MacBook (12-inch/1.1GHz Dual Core Intel Core m3/256GB/8GB/802.11ac/USB-C/ローズゴールド)

DAW「KORG Gadget for Mac」(29,800円)

そして、あなたのトラックメイキングを手のひらから解放するのが、KORG Gadget for Mac。

iOS版と同じ感覚で使うことができ、しかも4スプリットのGUIで画面切り替え不要です。

何より一番の美点は、iOS版では有料だった別売ガジェットが、すべて標準で手に入ること。

さらに「Gadget Plug-in Collection」が付属するので、CUBASEやLOGIC、Ableton LIVEなどの主要DAWで、魅惑のガジェット音源を「VSTプラグイン」として扱うことができます。

また、セカンドDAWとして使うのもアリ。エクスポート機能が充実しているので、Gadgetで制作したトラックを、他のDAWで仕上げることも可能ですよ。

KORG Gadget for Macは、あなたのDTMライフの母艦として大活躍することでしょう。

Bluetooth MIDIキーボード「KORG microKEY Air-25」(4,470円)

MacBookやiOSデバイスで、シンプルかつ快適なDTMを実現するため、KORG Gadgetとの相性抜群なmicroKEY Airをご検討ください。

とにかく軽く、電池駆動でワイヤレス接続でき、難しい設定など一切不要な、とても使い勝手の良いMIDIキーボードです。

コンパクトな25鍵モデルが特にオススメ。

こいつとMacBookがあれば、ス○バでドヤりながらの曲作りも十分可能となります。笑

KORG ワイヤレス接続対応MIDIキーボード microKEY2-25AIR マイクロキー2 エアー 25鍵モデル

【サウンドハウス】KORG ( コルグ ) / MICROKEY2-25 AIR

モニターヘッドホン「AKG K240」(6,550円)

本格的なトラック・メイキングを目指すなら、音質や定位などの調整作業も非常に重要。

ぜひ、モニターヘッドホンを導入しましょう。

気をつけたいのは、このヘッドホンは音楽を楽しむ為ではなく、あらゆる音域をフラットに聴き分けるのが目的だという点です。

このセットアップでオススメするのは、超定番モニター「AKG K240」。

程よくルーズな装着感で、長時間かけていても耳が痛くなりません。

この分野では入門セグメントにあたる製品で非常に安価ですが、立派に目的を果たしてくれる本格派です。

【サウンドハウス】AKG ( アーカーゲー ) / K240 Studio

オーディオ・インターフェース「M-AUDIO M-TRACK 2×2」(10,000円)

モニターヘッドホンを紹介したところで、もう一つ重要な機材をご提案。

いくら優秀なモニター環境でも、iPhoneやMacのイヤホン端子で聴いていては台無しです。単純に「コスト重視で音が悪い」。

そこで、マトモなリスニング環境を実現するため「オーディオ・インターフェース」が必要になるわけです。

そのクオリティーは様々で、天井知らずなジャンルでもありますが、ここはシンプルな「M-AUDIO M-TRACK 2×2」を紹介します。

標準のイヤホン端子を凌駕する高音質に加え、まだまだ数少ないUSB Type-C端子を装備したスグレモノ(通常のUSBにも対応)。

マイクはもちろん、ハイゲイン・アンプが搭載されているので、ギターを直接つないでKORG Gadgetに録音することもできますよ!

M-Audio 24bit/192kHz USBオーディオインターフェイス M-Track 2X2

【サウンドハウス】M-AUDIO ( エムオーディオ ) / M-TRACK 2×2

レベル④ アドバンスド・セットアップ

自宅でじっくり作り込みたい方へ。本格的で王道なDTM環境を求めるなら、こんなセットアップはいかがでしょう。

ノートPC「MacBook」またはデスクトップPC「iMac」(128,000円〜253,800円)

もちろんMacBook(Pro)でもOKですが、より大画面の据え置きコンピューター・iMacならコストパフォーマンスに優れ、かつ快適なトラック・メイキングが実現します。

最近「iMac Pro」がデビューしましたが、あそこまでのハイスペックは当面不要でしょう。あれは値段もハイですし。苦笑

ThunderboltやUSB3.0など豊富な端子群を備え、オーディオ・インターフェースといった周辺機器の選択肢も広がります。

Apple iMac 21.5インチ 1.6GHz Corei5 8GB 1TB MK142J/A

DAW「KORG Gadget for Mac」(29,800円)

Bluetooth MIDIキーボード「microKEY Air-61」(15,800円)

モバイルを考慮しないなら、言うまでもなく多くの鍵盤を持つMIDIキーボードの方が良いです。

オクターブ切り替えの必要がなく、ベースから高域まで打ち込むことのできる61鍵は、非常に快適に使えるでしょう。

KORG ワイヤレス接続対応MIDIキーボード microKEY2-61AIR マイクロキー2 エアー 61鍵モデル

【サウンドハウス】KORG ( コルグ ) / MICROKEY2-61 AIR

フィジカル・コントローラー「KORG nanoKONTROL Studio」(12,580円)

より素早く、快適なトラック・メイキングのために、フィジコンの導入を検討してください。

録音や再生・停止などのトランスポーズや、各トラックのフェーダー操作・ミュート・パンポットといった画面上で行う操作が、現実のボタンやツマミで可能に。

コンパクトかつワイヤレスなので、あなたのデスクトップが劇的にスッキリしますよ。

KORG MIDIコントローラー USB・ワイヤレス対応 nanoKONTROL Studio

【サウンドハウス】KORG ( コルグ ) / nanoKONTROL Studio

モニター・スピーカー「YAMAHA HS-5」(ペア24,800円)

ヘッドホンとともに、音をより的確にモニターするためにモニタースピーカーはぜひ取り入れたいところ。

このヤマハのHSシリーズは、超ド定番といってもいいスタジオモニターです。

パワード・スピーカーなので電源が必要な反面、アンプ不要で使い勝手抜群。それでいて安価。

筆者も10年あまり使用しておりますが、まったくヘタることなく素直な音を出し続けてくれていますよ!

YAMAHA HSシリーズ アクティブスタジオモニタースピーカー HS5(1本)

【サウンドハウス】YAMAHA ( ヤマハ ) / HS5 PAIR

マイク「SHURE SM57」(8,580円)

昨今のオーディオ・インターフェースはハイゲイン・アンプが内蔵されていて、エレクトリック・ギターと直接ライン接続し、コンピューターに入力できます。

そしてKORG Gadgetには「Rosario」というギターアンプ・ガジェットがあり、様々な名アンプのサウンドをシミュレートできます。

もちろんそれでもいいのですが、ギターアンプから出した轟音をマイクで録れば、やはり得難い空気感が生まれるもの。

ギターに限らず生楽器を録音するために、マイクは必需品です。

このSM57は歴史も古く、プロの現場でも多く使われている定番中の定番。ボーカルマイクとして使うことも可能。

しかも安価で、万人にオススメできる永遠の名作であると言えるでしょう。

SHURE ダイナミックマイク SM57-LCE 【国内正規品】

【サウンドハウス】SHURE ( シュアー ) / SM57

レベル⑤ 更なる高みを目指すなら・・・

今回は、KORG Gadgetを核としたオススメセットアップを、できるだけ安価、かつ失敗しづらい構成で考えてきました。

レベル1の超初心者から始まり、徐々に腕前が上がるにつれ、少しずつソフトや機材を買い足していく…という切り口で書いたつもりです。

ここからは先は、ほとんどマニアの領域。

オーディオ・インターフェースにせよ、スピーカーにせよ、マイクにせよ、本当に天井知らずの世界だと言えましょう。

あなたの技術が上達するにつれ、お使いの機材に不満が生まれるのは至極当然。

フトコロ具合と相談しながら、真っ当に環境をアップデートしていってくださいね。

それではまた。Have a nice trip!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。