テクニック

DAWで作ったデータをKORG Gadgetに取り込む方法(インポート)

KORG Gadgetには、コンピュータのDAWで書き出したMIDIファイルを取り込める「インポート」機能が搭載されています。

今回は、この大変便利な機能について述べていきたいと思います。

DAWの「MIDIエクスポート機能」でMIDIクリップを書き出す

MIDIデータを書き出す機能は、どのDAWにも実装されています。

今回は、”Mac版 Abeleton Live 9″を例に説明します。

まずは書き出したいトラックを選択し、「ファイル」→「MIDIクリップを書き出す…」をクリックしてください。

続いて、以下のダイアログで保存先を指定し、保存をクリック。

このあと、KORG Gadgetへ取り込むMIDIクリップが生成されました。

このMIDIクリップをiPad/iPhoneへ転送しますが、2通りのやり方を紹介します。

iTunes経由で転送する方法

DAWで書き出したMIDIファイルを、一旦iTunesに保存。

そのMIDIファイルを、コンピュータと接続したiPad/iPhoneへ転送するやり方です。

まずは、iPad/iPhoneをコンピュータと接続してiTunesを起動し、デバイスアイコンをクリックします。

iTunesにて、左カラムのAppをクリックし、中央カラムにてGadgetを選択。

右のカラムを下にスクロールさせると見つかる「Gadgetの書類」というところに、先ほど保存したMIDIクリップをドラッグ&ドロップします。

これで、iPad/iPhoneに、MIDIクリップが保存されました。

Dropbox経由で転送する方法

DAWで書き出したMIDIファイルを、一旦クラウド上のDropboxにアップロード。

そのあと、iPad/iPhoneへダウンロードさせるやり方です。

とても簡単なので、Wi-Fi環境のある方はコチラの方法をオススメします。

※Dropboxを使用する場合は、あらかじめアカウント登録が必要です。

先ほど保存したMIDIクリップのファイルを、コンピュータのDropboxフォルダにドラッグ&ドロップしてください。

これで完了です。

KORG Gadgetにインポートする

先ほどの手順で、MIDIクリップのファイルをiPad/iPhone、またはDropboxに保存できました。

いよいよ、KORG Gadgetに取り込んでみましょう。

インポート手順

注意:インポートを行う際、新規ソングが開きます。

すでにソングが開かれている場合は、必ず「保存」してから実行してください。

ヘッダーのファイルアイコン→インポート→Standard MIDI Fileをタップします。

Standard MIDI Fileメニューから、先ほどMIDIファイルを保存した場所を選んでください。

続けて、インポートを行うMIDIファイルをタップ。

新たなソングが開き、指定したMIDIクリップが読み込まれました。

これで完了です。

インポートされたデータは、スタンダードMIDIファイル(SMF)形式なので、ノートのベロシティやレングスは引き継げます。

しかし、SMFは音色情報を持たないため、”Marseille”の1番音色がセットされます。

複数トラックの演奏データをインポートする方法

現在のところ、KORG GadgetのMIDIインポート機能は1トラック限定となっています。

すなわち、複数トラックの演奏データを取り込む事ができません。

なので、少し強引ですが、ちょっとしたコツをご紹介しましょう。

例えば、MIDIで取り込みたい演奏データが5トラックあるとします。

これらの演奏データを、一つのMIDIクリップにコピペしましょう。

異なるトラックのデータが同じ音域で混ざってしまうとややこしくなるので、オクターブ違いで配置するのがポイント。

Ableton Liveは、選択したノートを「shift+↑(または↓)」というショートカットで、オクターブ移動できます。

このMIDIクリップを、KORG Gadgetにインポートして、5トラック分複製。

それぞれのトラックにて、不要なデータを選択削除してください。

極めて原始的なやり方ですが、こうした工夫でどうにかなります!(多分…)

MIDIインポート機能 まとめ

今回は、MIDIファイルを取り込む方法をご紹介しました。

最後の方でも触れましたが、今のところ「インポートできるトラックはひとつだけ」という残念仕様となっています。

MIDIインポートは今年のアップデートで搭載されたばかりの機能なので、コルグさんの今後の対応に期待したい所ですね。

Have a nice trip!

関連記事

  1. テクニック

    画面外にある演奏データを「全選択」する方法

    今回は、ちょっとしたTipsをひとつ。KORG Gadgetの…

  2. テクニック

    ガジェットの鍵盤を、通常の並び(ドレミファ…)に戻す方法。

    KORG Gadgetでシンセ系ガジェットを呼び出してキーボードを弾く…

  3. テクニック

    「リバースシンバル」でトラックにアクセントを付ける。

    今回は、極めて簡単な手法ながら、トラックに劇的なアクセントを生み出す「…

  4. テクニック

    TR−808音源をKORG Gadgetに取り込む方法。

    KORG Gadgetには強力なドラム音源が7つも用意され、私たちユー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

連載中

  1. Gadget days

    KORG Gadgetが「最高のモバイル・チップチューン制作アプリ」である理由。…
  2. テクニック

    あなたの作曲効率が劇的にアップする「逆引き」ショートカット集。(実用例付き)
  3. K.G.R

    【KGR】涼やかに飛び回る音の欠けらたちとクールなボーカル。「Frozen200…
  4. テクニック

    iOSの”Slide Over”機能が邪魔になる時の対処方法。
  5. Lifestyle for DTMer

    MacBook Pro用のハードケースをお取り寄せしました。
PAGE TOP