テクニック

DAWで作ったデータをKORG Gadgetに取り込む方法(インポート)

KORG Gadgetには、コンピュータのDAWで書き出したMIDIファイルを取り込める「インポート」機能が搭載されています。

今回は、この大変便利な機能について述べていきたいと思います。

DAWの「MIDIエクスポート機能」でMIDIクリップを書き出す

MIDIデータを書き出す機能は、どのDAWにも実装されています。

今回は、”Mac版 Abeleton Live 9″を例に説明します。

まずは書き出したいトラックを選択し、「ファイル」→「MIDIクリップを書き出す…」をクリックしてください。

続いて、以下のダイアログで保存先を指定し、保存をクリック。

このあと、KORG Gadgetへ取り込むMIDIクリップが生成されました。

このMIDIクリップをiPad/iPhoneへ転送しますが、2通りのやり方を紹介します。

iTunes経由で転送する方法

DAWで書き出したMIDIファイルを、一旦iTunesに保存。

そのMIDIファイルを、コンピュータと接続したiPad/iPhoneへ転送するやり方です。

まずは、iPad/iPhoneをコンピュータと接続してiTunesを起動し、デバイスアイコンをクリックします。

iTunesにて、左カラムのAppをクリックし、中央カラムにてGadgetを選択。

右のカラムを下にスクロールさせると見つかる「Gadgetの書類」というところに、先ほど保存したMIDIクリップをドラッグ&ドロップします。

これで、iPad/iPhoneに、MIDIクリップが保存されました。

Dropbox経由で転送する方法

DAWで書き出したMIDIファイルを、一旦クラウド上のDropboxにアップロード。

そのあと、iPad/iPhoneへダウンロードさせるやり方です。

とても簡単なので、Wi-Fi環境のある方はコチラの方法をオススメします。

※Dropboxを使用する場合は、あらかじめアカウント登録が必要です。

先ほど保存したMIDIクリップのファイルを、コンピュータのDropboxフォルダにドラッグ&ドロップしてください。

これで完了です。

KORG Gadgetにインポートする

先ほどの手順で、MIDIクリップのファイルをiPad/iPhone、またはDropboxに保存できました。

いよいよ、KORG Gadgetに取り込んでみましょう。

インポート手順

注意:インポートを行う際、新規ソングが開きます。

すでにソングが開かれている場合は、必ず「保存」してから実行してください。

ヘッダーのファイルアイコン→インポート→Standard MIDI Fileをタップします。

Standard MIDI Fileメニューから、先ほどMIDIファイルを保存した場所を選んでください。

続けて、インポートを行うMIDIファイルをタップ。

新たなソングが開き、指定したMIDIクリップが読み込まれました。

これで完了です。

インポートされたデータは、スタンダードMIDIファイル(SMF)形式なので、ノートのベロシティやレングスは引き継げます。

しかし、SMFは音色情報を持たないため、”Marseille”の1番音色がセットされます。

複数トラックの演奏データをインポートする方法

現在のところ、KORG GadgetのMIDIインポート機能は1トラック限定となっています。

すなわち、複数トラックの演奏データを取り込む事ができません。

なので、少し強引ですが、ちょっとしたコツをご紹介しましょう。

例えば、MIDIで取り込みたい演奏データが5トラックあるとします。

これらの演奏データを、一つのMIDIクリップにコピペしましょう。

異なるトラックのデータが同じ音域で混ざってしまうとややこしくなるので、オクターブ違いで配置するのがポイント。

Ableton Liveは、選択したノートを「shift+↑(または↓)」というショートカットで、オクターブ移動できます。

このMIDIクリップを、KORG Gadgetにインポートして、5トラック分複製。

それぞれのトラックにて、不要なデータを選択削除してください。

極めて原始的なやり方ですが、こうした工夫でどうにかなります!(多分…)

MIDIインポート機能 まとめ

今回は、MIDIファイルを取り込む方法をご紹介しました。

最後の方でも触れましたが、今のところ「インポートできるトラックはひとつだけ」という残念仕様となっています。

MIDIインポートは今年のアップデートで搭載されたばかりの機能なので、コルグさんの今後の対応に期待したい所ですね。

Have a nice trip!

関連記事

  1. テクニック

    アンプシミュレーション・ガジェットRosarioの実力とは?色々なサウンドを突っ込もう!

    前回のブログでは、KORG Gadgetのプリセット音だけでエレクトリ…

  2. テクニック

    ガジェットの鍵盤を、通常の並び(ドレミファ…)に戻す方法

    KORG Gadgetでシンセ系ガジェットを呼び出してキーボードを弾く…

  3. テクニック

    TR−808音源をKORG Gadgetに取り込む方法。

    KORG Gadgetには強力なドラム音源が7つも用意され、私たちユー…

  4. テクニック

    iOSの”Slide Over”機能が邪魔になる時の対処方法。

    iOS待望の新機能が思わぬ弊害にiOS 9から搭載された2画面同時…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新のKORG Gadget Recommendトラック(8/13付)

このサイトについて

案内人のくらんけ@gadget_junkiesです。 Gadget-Junkies.netは、モバイル音楽制作アプリ”KORG Gadget”の「超」入門サイト。 主に初心者の方へ向け、使い方やTipsを出来るだけやさしく紹介していきます。 KORG Gadgetにまつわる話題や情報も随時発信。 …とは言え、開設したばかりでまだまだショボいサイトです。。 これからコンテンツをガシガシ増やしていきますので、どうぞよろしくお願いします!

最近の記事

  1. KORG Gadgetが「最高のモバイル・チップチューン制作…
  2. すべてのクリエーターへ贈る「創作&睡眠時間捻出」のためのアイ…
  3. 夢のDTM完全ワイヤレス化を目指して…ケンジントン「Expe…
  4. 名機「Mono/Poly」をガジェット化!KORG Gadg…
  5. 【KGR】真夏のアムステルダム紀行。「Kiss the mo…
  1. トラックを作ってみよう

    ドラムトラックをステップ入力する
  2. DTMer's Life

    すべてのクリエーターへ贈る「創作&睡眠時間捻出」のためのアイディア9選。
  3. テクニック

    KORG Gadgetと他のiOSアプリを連携させる方法 …AudioCopy
  4. nanoKEY Studio

    nanoKEY Studioの使い方② キーボード編。誰でもスケールを外さずに演…
  5. Berlin

    アナログ・モノシンセ・ガジェットBerlinについて。存在感溢れるメロディーを奏…
PAGE TOP