かんたん打ち込みギター講座① エレクトリックギター編。ちょっとのコツでとってもロックなトラックに!

皆さんは自作のトラックに「ギター」音色を活用されていますか?

KORG Gadgetはオーディオトラックに対応するまで「ダンスミュージック作成アプリ」と言われてきました。

ただ、ギター音色のバリエーションも多くはないからか、GadgetCloudに行ってもギターを使ったトラックをあまり見かけない気がします。

しかし「ケミカル・ブラザーズ」や「ファットボーイ・スリム」など、縦ノリロックなトラックを目指すなら、ガツンとしたギターサウンドは捨てがたいですよね。

もちろんギターを生演奏してRosarioに録音するのが王道でしょう。

Zurichでギター演奏されたサンプルをインポートする方法もありますが、今回はあえて「打ち込み」でのギタートラック作りに挑戦したいと思います!

「生演奏」のシミュレートにこだわらずササっと打ち込むべし

最初に断っておくと(少なくともKORG Gadgetでは)リアルなギターの生演奏を「打ち込み」で再現するのは非現実的かと思います。

ELECTRI6ITYなどDAW上で動作するギター専用のソフトウェア音源であれば話は別かもしれません。

このような専用音源には「アーティキュレーション」といって、様々なギター演奏テクニック(ダウン/アップストローク、ハンマリングオン、スライド、ハーモニクス、ミュート奏法などなど…)を再現するためのパラメーターが備わっています。

また膨大なサンプルが収録されたサウンドエンジン(数ギガバイト規模)など、少しでも人間味のあるギターを再現しようと実に多くの工夫が凝らされています。

とてもアーティキュレーション機能を持たないKORG Gadgetのギター音色では太刀打ちできないことが分かりますね。

ということで打ち込みは所詮打ち込み・・・ギタリストさんの生演奏にはとてもかなわないし、どう努力したところで「打ち込み臭さ」は払拭できないと、いさぎよく割り切る決心をしましょう。

当ブログでは、たとえ嘘っぽくて怪しげなサウンドだろうと、トラックにロックなグルーヴ感を吹き込むことを目指します!

使うガジェットはMARSEILLE。音色は121、または122番で

それではKORG Gadgetでエレクトリック・ギターを打ち込んでみましょう。

使用する音色ですが、マルチPCM音源ガジェットMARSEILLEにプリセットされている“121 E.GUITAR DISTORTION”、または“122 ROCK DIST GUITAR”を選択します。

この音色をベースに、MARSEILLEの内蔵エフェクターである“Distortion”や”Tube Drive”、”BPM DELAY”などを駆使してギターサウンドを作っていきます。

エフェクトのパラメーターは、MARSEILLEのガジェットパネル左にあるEDITノブ2個で設定します。

ただし、かけるエフェクトごとにパラメーターの種類が変わる上、ノブを回すとどのような効果があるのか全く説明されないという豪快仕様。

…ここはあまり深く考えず、あくまで「適当&感覚」で、良さげなサウンドを探って参りましょう。

ざっくり言えばEDIT 1が「エフェクトによって異なる様々なパラメータ」EDIT 2が「エフェクトの効き具合」といったところでしょうか。。

打ち込みギタリストの救世主「パワーコード」を活用!

「LUNATIC PARTY」より
WORDS BY DEMON KOGURE
MUSIC BY ACE SHIMIZU
©️ 1988 by CBS/SONY SONGS. & CHASE PUBLISHERS.

バンドサウンドにおいては、やはりリードギターによるソロパートが花形です。

が、これを打ち込みで再現するのはあまりオススメしません。

前述のようにアーティキュレーション機能を持たないKORG Gadgetでは、ギターソロの再現はほぼ不可能だからです。

やってみると分かりますが、音色はギターなのに、キーボードのようなヘンテコなサウンドになってしまうんですよね。。

というわけで当ブログではギタートラックを「ソロ」ではなく、もっぱら「バッキングプレイ」で脇役的に使うアプローチを紹介します。

今回はその中から最も簡単、かつ素早くギタートラックを仕上げる奏法「パワーコード」を取り上げます。

パワーコードとは?

あるコードの「ルート」と「完全5度」だけを弾く演奏法です。

たとえばCというコードの場合、C(ド)G(ソ)だけで演奏します。下の譜面の2小節目がそれです。

通常の3和音やセブンスコードなどに比べ、スッキリとしたパワフルなサウンドが期待できます。

とても簡単な奏法ですがパワーコードで打ち込んだギターにディストーションをかけたサウンドは、打ち込みギターをやる上で一番手っ取り早くソレっぽいサウンドになるので、ぜひともモノにしておきましょう!

パワーコードの打ち込み例 ①白玉系でサスティンさせる

パワーコードを全音符や2分音符などで伸ばす、最も基本的な奏法。

白玉系で空間を埋めるので、パッドのように使えますね。

筆者のオススメは、ディストーションに加えてトレモロエフェクトで揺らぎを与えるテク。

特にシューゲイザーっぽく幻想的なトラックにしたい場合、さらにリバーブを深〜くかけると、ドリーミーな感じでハマります。

あとはルート音をオクターブ違いでユニゾンさせると、調性感はそのままにサウンドが若干分厚くなりますね。

コードがCなら「ド・ソ」に加えて「1オクターブ上のド」も同時に打ち込むわけです。

パワーコードの打ち込み例 ②リフレインさせる

先ほどは白玉(全音符)で例示しましたが、もちろんリフを打ち込む際にも有効。

あまり難しく考えず、他のパートとの兼ね合いを図りながらリズミカルにザクザク行きましょう!

パワーコードの打ち込み例 ③構成音で上昇・下降させる

主に構成音の2音だけでアルペジオっぽく上昇・下降させるのも、簡単に美味しいフレーズが作れるのでオススメです。

こんな感じですね。

その際、主旋律の動きとは「反行」させるようなフレーズ作りを心がけるといいです。

メインメロディーが「ド→ミ→ソ」なら、「ソ→ド→(1オクターブ下の)ソ」「ソ→ド→ド」とかやってみてください。

たまに3度(コードがCなら「ミ」)の音も入れてみたり。。

ケースバイケースですが、いい感じになりますよ!

隠し味「ゴースト・ノート」で歯切れの良いギターサウンドに

実はこれ、筆者オリジナル?のマル秘テクなんですが・・・。

試しにコード弾きしたノートの最後に、ごく短い端切れのようなノートを追加してみてください。

32分音符か、64分音符分の長さでしょうか。。

筆者はこいつをミュート代わりによく使っていて、上の動画でもやってます。

単品だと違和感のあるサウンドですが、他のトラックに馴染ませると妙にシックリくるんですよね。

ディレイをかけると、このノートに反応して、うまくハマれば歯切れよく余韻を残すことができますよ。

とても簡単なワザなので、ギター打ち込み時の隠し味としていかがでしょう?

トラックにギターを取り入れてサウンドに幅を持たせよう

以上KORG Gadgetのプリセット音色でギタートラックを作るノウハウを、ぼくなりにお伝えしました。

色々邪道な所もありますが、バッキングにギターサウンドが加わると一気にロックっぽくなります。

トラック・メイキングのための一つのバリエーションとして、ギタートラックを気軽に取り入れてみましょう。

それではまた。Have a nice trip!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。