ガジェットを演奏しよう

プリセット音色をロードする

ガジェット内蔵のプリセット音色「プログラム」を呼び出す

Marseilleをはじめ、各ガジェットには数多くのプリセット音色が用意されています。

今回は、その音色を選択してロードするための操作方法を紹介します。

なおKORG Gadgetでは、音色の事をプログラムと呼んでいます。

 

プログラムの呼び出し方

Marseilleのガジェット・パネルのプログラム名が表示されているエリアで上下にドラッグすると、リストがスクロールします。

素早くフリックすれば、高速スクロールできます。

気に入ったプログラム名が見つかったら、タップして呼び出しましょう。これだけです。

 

補足

Marseilleはパラメータを操作するノブなどが少なく、最初からパネルにプログラム・リストが表示されていますが

他のガジェットでは、たいていプログラム・ディスプレイをタップしてから探すことになります。

img_0801

 

とはいえ「リストをドラッグしてプログラムを呼び出す」という操作自体は、全く同じです。

一応、頭の片隅に置いておいてくださいね。

 

USB-MIDIキーボードでの演奏にも対応

別売アダプタ”iPad Camera Connection Kit”、または”Lightning USB Camera Adapter”(iPadやiPhoneの世代により異なります)を介することで

外部USB-MIDIキーボードによる演奏も可能です。

出典:”Lightning – USBカメラアダプタ” http://www.apple.com/jp/shop/product/MD821AM/A/lightning-usb%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%97%E3%82%BF

 

しかし、当ブログが一番オススメしたいのは“KORG microKEY Air”というワイヤレス・キーボードです。

KORG Gadgetと同じ製造メーカーだけあって相性抜群で、設定やアダプタといった煩わしさがなく、非常に快適に演奏することが出来ます。

KORG- microKEY Air

出展:”コルグ、Bluetoothでワイヤレス接続できるキーボード・コントローラー、「microKEY Air」を発表!” http://icon.jp/archives/11187

 

“KORG microKEY Air”は、とても魅力的な製品なので、いずれ詳しく取り上げたいと思います。

 

「演奏編」修了。次はいよいよ「曲作り編」!

お疲れ様でした。「演奏してみよう」チュートリアルは、ここで終わりにしたいと思います。

ガジェット楽器を選び、音色を選択して実際に演奏するまでの流れが、ご理解いただけたかと思います。

一般のDAWのように「音が出るまでの設定に四苦八苦」というストレスが一切ないので、非常に快適でしたよね。

 

次のチャプターでは、ドラムス・ベース・ウワモノという3つのトラックを作成し、曲を完成させてみましょう。

今回の演奏編同様、体験版”KORG Gadget LE”の方でも楽しめるチュートリアルをご用意したいと思います。お楽しみに!

 

関連記事

  1. ガジェットを演奏しよう

    演奏するガジェット楽器を選択する

    今回から「ガジェット演奏編」スタート最初のチャプターでは、KORG…

  2. ガジェットを演奏しよう

    演奏するスケール(音階)を設定する

    最初から「コード機能」が「Cドリアンスケール」で設定されている前回…

  3. ガジェットを演奏しよう

    iPadのタッチパネルで演奏する

    とりあえず画面上の鍵盤を弾いてみる今回は、前回選択したガジェット"…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

連載中

  1. nanoKEY Studio

    nanoKEY Studioの使い方② キーボード編。誰でもスケールを外さずに演…
  2. ソングを聴いてみよう

    “Tempo”で、ソングのスピードを変更する
  3. チュートリアル

    はじめてのKORG Gadget。3分間でわかる「超」クイックスタート・ガイド。…
  4. テクニック

    アンプシミュレーション・ガジェットRosarioの実力とは?色々なサウンドを突っ…
  5. ソングを聴いてみよう

    SoloとMuteで、狙ったトラックだけを再生する
PAGE TOP