ガジェットを演奏しよう

④ プリセット音色をロードする。

Marseilleをはじめとするガジェット音源には、数多くのプリセット音色が用意されています。

今回は、音色の呼び出し方を覚えましょう。

なおKORG Gadgetでは、プリセット音色の事をプログラムと呼んでいます。

ガジェット内蔵の「プログラム」を呼び出す

Marseilleのガジェット・パネルにて、プログラム名が表示されているエリアで上下にドラッグすると、そのリストがスクロールします。

素早くフリックすれば、高速スクロールできます。

気に入ったプログラム名が見つかったら、タップして呼び出しましょう。これだけです。

プログラムの選び方についての補足

Marseilleは、最初からプログラム・パネルに音色リストが表示されています。

しかし他のガジェット音源では、たいていプログラム・ディスプレイをタップし、別に表示されたポップアップから音色を探すことになります。

img_0801

とはいえ「リストをドラッグしてプログラムを呼び出す」という操作自体は、全く同じ。

一応、頭の片隅に置いておいてくださいね。

「演奏編」はこれにて終了。次はいよいよ「曲作り」編!

今回は、ガジェット音源を選び、音色を選択して実際に演奏するまでの流れを覚えていきました。

一般のDAWのように「音が出るまでの設定に四苦八苦」というストレスが一切ないので、非常に快適でしたよね。

さて、ここまで「タッチパネル上」で音源を演奏してきましたが、実は「iPadやiPhone」と「外部MIDIキーボード」をBluetooth接続すれば、実際の鍵盤で演奏することができます。

興味のある方は、以下の記事を覗いてみてくださいね。

お疲れ様でした!「演奏してみよう」チュートリアルは、これにて終了。

次回からは、ドラムス・ベース・ウワモノという3つのトラックを作成しながら、簡単な曲作りに挑戦します。

「演奏してみよう」編同様、体験版”KORG Gadget Le”の方でも楽しめるチュートリアルをご用意しました。

一息ついたら、次のチャプターへGo!!

関連記事

  1. ガジェットを演奏しよう

    ② iPadやiPhoneのタッチパネルで演奏する。

    KORG Gadget 初心者向けチュートリアル「ガジェットを演奏して…

  2. ガジェットを演奏しよう

    ③ 演奏するスケール(音階)を設定する。

    前回の演奏動画をご覧になった方はお気付きだと思いますが…なぜか…

  3. ガジェットを演奏しよう

    ① 演奏するガジェット楽器を選択する。

    今回から、チュートリアル第二章「ガジェット演奏編」スタート!最…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

KORG Gadget for Nintendo Switch 特集ページ

PICKUP

SERIES

LATEST ARTICLE

  1. トラックを作ってみよう

    ④ ベーストラックをリアルタイム入力する。
  2. かんたんシンセ入門

    KORG Gadgetで学ぶ「かんたん」シンセ入門。第4回「アンプで音量を調整し…
  3. Lifestyle for DTMer

    かんたんオフィシャルサイトのススメ。たった3つのステップで。
  4. Chiang Mai (FM)

    FM音源ガジェットChiang Maiについて。80年代っぽいキラキラサウンドを…
  5. Allihoopa

    楽曲共有サービスAllihoopa(アリフーパ)について。世界中のクリエーターと…
PAGE TOP