ガジェットを演奏しよう

④ プリセット音色をロードする。

Marseilleをはじめとするガジェット音源には、数多くのプリセット音色が用意されています。

今回は、音色の呼び出し方を覚えましょう。

なおKORG Gadgetでは、プリセット音色の事をプログラムと呼んでいます。

ガジェット内蔵の「プログラム」を呼び出す

Marseilleのガジェット・パネルにて、プログラム名が表示されているエリアで上下にドラッグすると、そのリストがスクロールします。

素早くフリックすれば、高速スクロールできます。

気に入ったプログラム名が見つかったら、タップして呼び出しましょう。これだけです。

プログラムの選び方についての補足

Marseilleは、最初からプログラム・パネルに音色リストが表示されています。

しかし他のガジェット音源では、たいていプログラム・ディスプレイをタップし、別に表示されたポップアップから音色を探すことになります。

img_0801

とはいえ「リストをドラッグしてプログラムを呼び出す」という操作自体は、全く同じ。

一応、頭の片隅に置いておいてくださいね。

「演奏編」はこれにて終了。次はいよいよ「曲作り」編!

今回は、ガジェット音源を選び、音色を選択して実際に演奏するまでの流れを覚えていきました。

一般のDAWのように「音が出るまでの設定に四苦八苦」というストレスが一切ないので、非常に快適でしたよね。

さて、ここまで「タッチパネル上」で音源を演奏してきましたが、実は「iPadやiPhone」と「外部MIDIキーボード」をBluetooth接続すれば、実際の鍵盤で演奏することができます。

興味のある方は、以下の記事を覗いてみてくださいね。

お疲れ様でした!「演奏してみよう」チュートリアルは、これにて終了。

次回からは、ドラムス・ベース・ウワモノという3つのトラックを作成しながら、簡単な曲作りに挑戦します。

「演奏してみよう」編同様、体験版”KORG Gadget Le”の方でも楽しめるチュートリアルをご用意しました。

一息ついたら、次のチャプターへGo!!

関連記事

  1. ガジェットを演奏しよう

    ③ 演奏するスケール(音階)を設定する。

    前回の演奏動画をご覧になった方はお気付きだと思いますが…なぜか…

  2. ガジェットを演奏しよう

    ① 演奏するガジェット楽器を選択する。

    今回から、チュートリアル第二章「ガジェット演奏編」スタート!最…

  3. ガジェットを演奏しよう

    ② iPadやiPhoneのタッチパネルで演奏する。

    KORG Gadget 初心者向けチュートリアル「ガジェットを演奏して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サウンドハウス

非公式楽曲コンペ「GadgetSonic 2018」特集ページ

KORG Gadget for Nintendo Switch 特集ページ

PICKUP

SERIES

LATEST ARTICLE

  1. テクニック

    あなたの作曲効率が劇的にアップする「逆引き」ショートカット集。(実用例付き)
  2. テクニック

    KORG Gadgetと他のiOSアプリを連携させる方法 …AudioCopy
  3. K.G.R

    【KGR】爆笑!脱力ゲット・ワイルド。「Get Wild Rasta mix &…
  4. for Nintendo Switch

    【Gadget for Switchの使い方】② 「Dublin」で、ステップ入…
  5. NEWS 2016

    コルグ、ベクターシンセiOSアプリiWAVESTATION発表。ガジェット名はM…
PAGE TOP