テクニック

サイドチェインでEDMサウンドを作る

今回は、EDMサウンドを作る上での定番テク「サイドチェイン」を、KORG Gadgetで行う方法について紹介します。

サイドチェインとは?

こんなサウンドです。

この曲では、パッドとベースに対してサイドチェインをかけています。

サイドチェインを使うと、このような「ブワッ ブワッ ブワッ ブワッ…」という波打つサウンドを、簡単に作ることができます。

キックが鳴っている時だけ音量が小さくなり、独特のグルーヴが生み出されていますね。

サイドチェインは、あるサウンド(キックなど)をトリガーにして、もう一方のサウンド(パッドやベースなど)の音量を、その時だけ圧縮させるテクニックです。

設定方法

これから実際に、さきほどの曲を作ってみましょう。

4つ打ちキックだけのトラックを作る

まずはキック用のトラックを作り、そこに4つ打ちキックだけを打ち込みます。

パッドトラックを作る

パッドを打ち込みます。

今回は、Phoenixガジェットの”04:DW Brass”を使用。

そして、「B♭メジャー・セブンス」→「G♭メジャー・セブンス」というコードを打ち込んでみました。

基本的に音色はプリセットのままですが、エンベロープだけ少しエディットしています。

パッドトラックにサイドチェインを適用する

メイン画面のミキサーセクションにある、IFXボタンをタップ

すると、Insert Effectsというパネルに切り替わります。

すかさず一番上のスロットにあるボタンをタップし、表示されたインサート・エフェクトの中からSidechainを選択。

左にあるアクティブランプが点灯しますので、その下のEditボタンをタップしてください。

Slot 1のパネルが表示されました。

ここで、サイドチェインの設定を行います。

今回は、各パラメータをこのようにエディットしてみました。

Source:入力するソースを選択します。ここでは、1/Drum(さきほど作った4つ打ちキックのトラック)を選択。

Threshold:圧縮が始まる音量レベルのしきい値。下げるほど効き具合が顕著になります。

Ratio:圧縮比率。EDMであれば、比率高めで派手にかけても全然OKでしょう。

Release:圧縮がかかる長さ。ここでグルーヴ感を調整します。

やり方としては、トラックを鳴らしながら、主にThresholdとReleaseを調整して音を追い込んでいくといった感じでしょうか?

これらのパラメータ値に、正解はありません。

あなたのセンスで、自由に設定しましょう。

ただし、Thresholdを上げ切ったり、Ratioを下げ切ったりすると、効果がなくなるので、そこはご注意くださいね。

ベーストラックを作る

今度は、ベースを打ち込みます。

Chicagoガジェットの“01:Bite Bass”を使い、コードのルート音であるB♭→G♭を延々鳴らし続けています。

この音色は、最初から1/16でアルペジエーターがかかっているので、打ち込みが楽ちんですね。

あとはCUTOFFのパラメータを、リアルタイム・エディットしています。

ベーストラックにサイドチェインを適用する

パッドの時と同じ要領で、ベースにもサイドチェインを設定してみましょう。

ここでも、Sourceを1/Drumにするのがポイントです。

キック以外のドラムトラックを作る

この曲のドラムパートは、まだサイドチェインさせるトリガーとしての「キック」しかないので、キック以外の音を鳴らすためのトラックも作ってみました。

これで、先ほどの曲が完成!

4トラック(実質「ドラム」「パッド」「ベース」の3トラック)だけですが、サイドチェイン効果のおかげで、そこそこゴージャスな感じになったのでは?と思います。

まとめ

このように「パッド」や「ベース」など、音量を変化させたいトラックに対して、サイドチェインを適用します。

その際「キックだけ」が鳴っているトラックを、入力ソースとして使うのがポイント。

また、「シンバル」にサイドチェインをかけても、「シュワシュワ」したグルーヴになって面白いですよ。

サイドチェイン、色々な音色で試してみましょう。

Have a nice trip!

関連記事

  1. テクニック

    画面外にある演奏データを「全選択」する方法

    今回は、ちょっとしたTipsをひとつ。KORG Gadgetの…

  2. Dublin

    グリッチノイズでエレクトロニカ!簡単に「プチプチ」グルーヴを作るための3ステップ。

    「グリッチノイズ」をご存知でしょうか?例えばアンプに繋いだケー…

  3. テクニック

    ガジェットの鍵盤を、通常の並び(ドレミファ…)に戻す方法。

    KORG Gadgetでシンセ系ガジェットを呼び出してキーボードを弾く…

  4. テクニック

    DAWで作ったデータをKORG Gadgetに取り込む方法(インポート)

    KORG Gadgetには、コンピュータのDAWで書き出したMIDIフ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

連載中

  1. テクニック

    KORG Gadgetと他のiOSアプリを連携させる方法 …AudioCopy
  2. チュートリアル

    はじめてのKORG Gadget。3分間でわかる「超」クイックスタート・ガイド。…
  3. ガジェットを演奏しよう

    iPadのタッチパネルで演奏する
  4. テクニック

    KORG Gadgetでブレイクビーツ!(Bilbao編)
  5. 特集

    nanoKONTROL Studioの使い方①「入門」編。このコントローラーで何…
PAGE TOP