ソングを聴いてみよう

“Swing”で、ソングに抑揚をつける

ジャストか?揺らすか?

前回はテンポチェンジを覚えて頂いたので、すぐそばにあるSwingボタンも試してみましょう。

デモソング”Gadget World Tour”では5と設定されていますが、もっと上げてみます。

 

ソングに抑揚というか、跳ねた感じが出ましたね。お好みで指定してください。

 

ジャンルによってセオリーはありますが…

一般的に、ハウスやヒップホップでは派手にSwingをかけ、ちょっと人間味を出したい場合は10~20程度、古典的なテクノなら機械っぽくジャスト(Swing 0)にするのが常道でしょうか?

でも、あまりこだわらずあなたのセンスでいじっちゃってくださいね。

曲のノリが大きく変わるので楽しいですよ!

 

次回は、トラック作成時に使うと便利な「ループ再生」について解説します。

関連記事

  1. ソングを聴いてみよう

    “Loop”で、シーンを繰り返し再生する

    トラック作成は、曲の一部を「反復」させながら行うのが基本Loopボ…

  2. ソングを聴いてみよう

    “Tempo”で、ソングのスピードを変更する

    テンポの変え方は2つ前回は、デモソングのファイルをロードし、Pla…

  3. ソングを聴いてみよう

    SoloとMuteで、狙ったトラックだけを再生する

    Solo/Muteボタンはミキサー・セクションの一部まず、Solo…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

連載中

  1. テクニック

    ガジェットの鍵盤を、通常の並び(ドレミファ…)に戻す方法。
  2. NEWS

    KORG、伝説のアナログシンセARP ODYSSEi発表。ガジェット名はLEXI…
  3. Gadget days

    KORG Gadgetが「最高のモバイル・チップチューン制作アプリ」である理由。…
  4. トラックを作ってみよう

    パラメータをエディットする
  5. nanoKEY Studio

    nanoKEY Studioの使い方① 初期設定〜ワイヤレス接続の方法について。…
PAGE TOP