1.2 「Tempo」ボタンで、ソングのスピードを変更しよう。

前回は、デモソングのファイルをロードし、曲を再生させたり、停止させたりしましたね。

せっかくなので、もう少し遊んでみましょうか。

今回はテンポチェンジのやり方について、2通りのやり方を紹介しましょう。

1.「Tempo」の所を上下ドラッグして変更する。

PLAY(▷)ボタンの2つ右にあるTempoボタンをタップすると、吹き出しが現れます。

img_0718

119.5と表示されていますね。これはBPM(Beats Per Minute)、つまり曲の速さを表しています。

例えば「BPM60」の曲では、一分間に60回ビートが刻まれます。これは「時報」のテンポ。

このBPMをいじってみましょう。Tempoボタン内で、上方向へドラッグしてみてください。

・・・テンポが上がりましたね。最速で999.0まで上げることができますが、こうなるとスクエア・プッシャーばりのドリルンベース状態。

逆に下方向へドラッグすると、テンポが遅くなります。最遅は20.0BPMで、どんな曲でもチルアウトっぽくなります。笑

2.「Tapボタン」をタップしてテンポを変更する。

再びBPM119.5あたりに戻したいのですが、999.0なんてトコからドラッグするのも面倒ですよね。

こういう時は、Tempoボタンの右にあるTapボタンを希望するテンポになるまで繰り返しタップしてください。

すると、あなたが何度かタップした間隔をKORG Gadgetが検知し、その平均テンポにアジャストしてくれます。

こうやってTapボタンでテンポの当たりをつけ、Tempoボタンで細かく調整するのも良いでしょう。

違う使い方も…。

ちなみにTapボタンによるテンポチェンジは、DJプレイ中においても有効です。

同時に流れている別の曲を聴きながらタップし、その曲とテンポを合わせるテクですね。

これはAbleton Liveなど、PCのDAWにも実装されている機能です。

曲作りの局面によって使い分けよう。

今回は、テンポチェンジのやり方を2通り解説しました。

前回ご紹介したPlayやStop同様、テンポチェンジも別バターンが用意されています。

このように、同じ機能でも異なるやり方が選択できるので、目的に応じて柔軟に使い分けましょう。

次回は、とても手軽に曲のグルーヴ感を変える事ができる「Swing」(スウィング)機能を解説します!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。