ソングを聴いてみよう

“Loop”で、シーンを繰り返し再生する

トラック作成は、曲の一部を「反復」させながら行うのが基本

Loopボタンは主に、シーンの再生を繰り返しながらエディットしたい時に用います。

普通、完成した曲をPlayする際はLoopをOFFにするのですが、

このところ紹介しているPlay/StopやTempo、Swingボタンなどと近い場所にあるので、少し触れておきます。

 

シーン(Scene)とは?

記事の冒頭でシーンという用語を使いましたが、これはメイン画面において、横に並ぶトラック(Track)がまとまった状態のものです。

KORG Gadgetは時間軸が縦方向に伸びているので、あるシーンの演奏が終わると、次(下)のシーンに移っていきます。一番下のシーンに着くと、その曲の終わりです。

この時、下のシーンに移らせずに同じシーンの再生を繰り返したい時に、LoopをONにします。

image

 

Loopさせる方法

メイン画面に並ぶクリップ(Clip:トラックの演奏データ)を、どれでもいいのでタップしてみてください。

ここでは、左上にあるTrack 1 / Drum列の、1行目にあるクリップをタップしました。

image

 

すると、こんな画面が拡大表示されました。演奏データの打ち込みを行う「エディット画面」です。

img_0719

フッターを見ると、丸っこい矢印ボタンが緑色で表示されています。

これがLoopボタンです。エディット画面に入ると自動的にONされます。気が利いてますよね。

この状態でPLAYボタン(▷)をタップすると、このトラックを含むシーン全体が、繰り返し再生されます。

LoopボタンをOFFにするとループされなくなり、次のシーン以降が再生されます。

 

Loopの活用は、打ち込み上達のキモ!

もちろん、メイン画面からでもLoopを設定できます。

その場合は演奏データのエディットではなく、各トラックのレベル調整やパンニングといったミキサーを扱う際に用います。

調整したい所を通り過ぎるたびに戻したり、PLAYボタンを押しなおすのもかったるいですからね。Loopを便利に使いましょう!

 

次回は、トラックごとに音の抜き差しを行うための”Solo”と”Mute”について解説します。

関連記事

  1. ソングを聴いてみよう

    “Swing”で、ソングに抑揚をつける

    ジャストか?揺らすか?前回はテンポチェンジを覚えて頂いたので、すぐ…

  2. ソングを聴いてみよう

    SoloとMuteで、狙ったトラックだけを再生する

    Solo/Muteボタンはミキサー・セクションの一部まず、Solo…

  3. ソングを聴いてみよう

    “Tempo”で、ソングのスピードを変更する

    テンポの変え方は2つ前回は、デモソングのファイルをロードし、Pla…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

連載中

  1. テクニック

    ガジェットの鍵盤を、通常の並び(ドレミファ…)に戻す方法。
  2. テクニック

    煩わしいワイヤレス接続作業を素早く済ませるユーティリティー「Bluetooth …
  3. NEWS

    コルグ、ベクターシンセiOSアプリiWAVESTATION発表。ガジェット名はM…
  4. テクニック

    作成したトラックを外部へ持ち出す6つの方法(エクスポート)
  5. Lifestyle for DTMer

    かんたんオフィシャルサイトのススメ。たった3つのステップで。
PAGE TOP