1.3 「Swing」機能で、ソングに抑揚をつけてみよう。

前回のチュートリアルでは、テンポチェンジのやり方を覚えてました。

今度は「Tempo」ボタンのすぐそばにある「Swing」ボタンを試してみましょう。

ジャストか?揺らすか?

デモソング”Gadget World Tour”では「5」と設定されていますが、もっと上げてみます。

 

ソングに抑揚というか、跳ねた感じが出ましたね。お好みで指定してみてください。

ジャンルによってセオリーはありますが…

Swingの値ですが、ハウスやヒップホップでは派手に揺らしてもいいでしょうし、ちょっと人間味を出したい場合は10~20程度、古典的なテクノなら機械っぽく「ジャスト」(Swing 0)にするのが常道でしょうか?

でも、あまりこだわらず、あなたのセンスでいじっちゃってくださいね。曲のノリが大きく変わるので楽しいですよ!

次回は、トラック作成時に使うと便利な「ループ再生」機能について解説します。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。