トラックを作ってみよう

ドラムトラックをステップ入力する

簡単なダンスチューンを作ってみよう

お待たせしました!ここからは、実際にトラックを作成して曲を完成させてみましょう。

今回は、体験版”KORG Gadget Le”の仕様(というか制約)でもある3トラックだけで、ちょっとしたダンスチューンを作ってみたいと思います。

まずはドラム編です。早速始めましょう!

 

ドラムガジェット”London”を呼び出す

ヘッダーのファイルボタンをタップして「新規」を選び、これから作成するソング名を入力し、OKをタップ。

今回は第3章という事で”Chapter-3″と名付けました。安直ですね。笑

image

 

ガジェット選択画面で、ドラムガジェット“London”をタップします。

image

 

Track 1にLondonがセットされた状態の、メイン画面が表示されました。

image

 

ステップ入力とリアルタイム入力

PCのDAW同様、KORG Gadgetでも、データの入力を行う方法として「ステップ入力」、および「リアルタイム入力」が用意されています。

あなたのお好きな方法で入力を行えますが、ここではまず「ステップ入力」でドラムを打ち込んでみましょう。

 

先ほど開いたメイン画面で、空白のクリップ、またはLondonのガジェットアイコンをタップしてください。

image

 

これから打ち込みを行う、エディット画面が表示されました。

image

 

キックを入力する

ダンストラックの定番である四つ打ちキックを入力します。

まずは入力しやすくするため、ヘッダーの↕️ボタンをタップして、ガジェット・パネルを隠してください。

ピアノロールが全画面表示されます。

image

 

 

キックの音色は、一番下(上から数えて8行目)にセットされていますので、下の画像のようにピアノロールをタップしていってください。

タップしたところに、四角い水色のデータ(以後、ノートといいます)が入力されます。

image

 

もしタップしてもノートが入力されない場合は、画面左上にある“Draw”ボタンがONになっている事をご確認くださいね。

image

スネアとハットを入力する

この状態でPlayボタンをタップすると、さきほど入力したキックがループ再生されますので、引き続きスネアクローズハイハットを入力していきます。

image

image

 

…この時点で、かなりイイ感じのドラムトラックになってきたと思いませんか??

 

ドラム・キットを変更する

今ループ再生されているドラムは、初めてLondonを開くとデフォルトでセットされる“001 BET ON IT”というドラム・キットの音です。

Londonには63ものドラム・キットがプリセットされていますので、試しに別のキットにチェンジしてみましょう。

打ち込みテクニックではありませんが、ここで紹介しておきます。

 

ループ再生状態のまま、ガジェット・パネル左上にある“DRUM KIT”ディスプレイをタップ

Londonにプリセットされているドラム・キットがリスト表示されますので、上下ドラッグで好きなキットを呼び出してみてください。

image

 

ドラム・キット名をタップすると、ただちにそのキットがロードされ、さきほど入力したキック・スネア・ハットの音色も変わると思います。

このようにループ再生中にキットを切り替えることで、そのキットの音色プレビューが、簡単かつ迅速に行えます。

 

以上、ドラムトラックの打ち込みについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

とても簡単にトラック作成できましたね!

次回は、打ち込んだデータをエディット(編集)する方法を紹介します。

関連記事

  1. トラックを作ってみよう

    展開を作りソングに仕上げる

    前回までのチュートリアルで、「ドラム」「ベース」「パッド&アルペジオ」…

  2. トラックを作ってみよう

    パラメータをリアルタイム・エディットする

    以前のチュートリアルで、ドラムトラックのパラメータのエディット(ベロシ…

  3. トラックを作ってみよう

    パッドを入力する

    今回は、ソング全体に彩りを添える「パッド」の入力に挑戦したいと思います…

  4. トラックを作ってみよう

    アルペジオを入力する

    ここまでのチュートリアルで「ドラム」「ベース」「パッド」の3トラックを…

  5. トラックを作ってみよう

    ベーストラックをリアルタイム入力する

    ここまでのチュートリアルで、ガジェット"London"を用いたドラムト…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新のKORG Gadget Recommendトラック(8/13付)

このサイトについて

案内人のくらんけ@gadget_junkiesです。 Gadget-Junkies.netは、モバイル音楽制作アプリ”KORG Gadget”の「超」入門サイト。 主に初心者の方へ向け、使い方やTipsを出来るだけやさしく紹介していきます。 KORG Gadgetにまつわる話題や情報も随時発信。 …とは言え、開設したばかりでまだまだショボいサイトです。。 これからコンテンツをガシガシ増やしていきますので、どうぞよろしくお願いします!

最近の記事

  1. KORG Gadgetが「最高のモバイル・チップチューン制作…
  2. すべてのクリエーターへ贈る「創作&睡眠時間捻出」のためのアイ…
  3. 夢のDTM完全ワイヤレス化を目指して…ケンジントン「Expe…
  4. 名機「Mono/Poly」をガジェット化!KORG Gadg…
  5. 【KGR】真夏のアムステルダム紀行。「Kiss the mo…
  1. テクニック

    iOSの”Slide Over”機能が邪魔になる時の対処方法。
  2. ネットにアップしよう

    SoundCloudアカウントを新規登録する
  3. 雑記帳

    すべてのトラックメーカーに捧げる「楽曲共有サービス」7選。
  4. Allihoopa

    楽曲共有サービス「Allihoopa(アリフーパ)」について。KORG Gadg…
  5. Allihoopa

    2017 Allihoopa x KORG Gadgetコンテストが終わっての感…
PAGE TOP