トラックを作ってみよう

パラメータをエディットする

タイミングも音量も全く変えずにノートを打ち込む事を俗にベタ打ちと呼び、世間的にはイマイチよろしくない事だとされています(多分テクノは別)。

ベタ打ちから脱却し、楽曲の表現力を高めるには、ノートごとに音量やエフェクト、定位といった各種パラメータを用いて時間的変化を与える事が得策かと思います。

今回は、そのパラメータを設定する方法をご紹介します。

 

パラメータの設定画面を表示

まずエディット画面の下に少し見えている、何やら縦棒が並ぶエリア(パラメーター・プレビュー)をタップしてみてください。

image

 

パラメーター画面が拡大表示されました。デフォルトではVelocityのパラメータが選択されています。

ベタ打ちだけに、すべてのノートが同じ高さ(音量)ですね。

image

 

「ベロシティ」のパラメータを変更

ためしに、クローズハイハットのベロシティを変えていきましょう。

Drawモードにして、縦棒の先端をドラッグすれば、パラメータを上下できます。

image

 

他のクローズハイハットのベロシティも変えていきます。

image

 

ここでPlayしてみると、さきほどよりはハットの刻み具合が人間らしくなった…というか、多少機械っぽさが解消したかと思います。

 

「PAN(左右の定位)」のパラメータを変更

今度は、クローズハイハットの“PAN”のパラメータを変更してみましょう。

パラメータ画面の左の方を見ると、現在選択されているガジェットでエディット可能なパラメータがズラッと並んでいます。

image

 

今回エディットするトラックのガジェットはLondonなので、Londonで設定できるパラメータだけが並ぶわけです。

ここを下へスクロールして“5 Pan”を探し、タップしてください。

…これで、ピアノロールで下から5つ目にある、クローズハイハットの”PAN”をいじる事ができます。

image

 

Panのパラメータを上げると、ハットの音が右へ…

img_0923

 

Panのパラメータを下げると、左へ定位されます。

img_0935

 

パラメータを連続的に変化させる

さきほどのように、ノートごとにエディットする事もできますし、エディット画面左下のFunctionボタンをタップすると呼び出せる「グリッド」の設定値を、現在の1/16からOffにすれば…

img_0930

 

このように連続的な変化を与えることもできます。パラメータをタッチパネルで「描く」イメージですね。

「グリッド」とは、エディットにおける最小単位とでも言いましょうか。また別の機会に説明したいと思います。

img_0932

 

パラメータを全削除する

Function→オートメーションを削除をタップすると、ベロシティ以外のオートメーションパラメータが全削除されます。

img_0933

 

パラメータを全消ししたので、改めてクローズハイハットのPanをエディットしてみます。

クローズハイハットのPanを、中央から左寄りへ定位させました。

img_0943

 

Londonのガジェットパネルにあるパンポットを見ると、10時ぐらいの位置になっていますね。

この画面は、ヘッダーの↕️ボタンをタップし、MODE SELECTIONにあるMIXERをタップすると表示されます。

img_0944

 

まとめ動画

今回のレッスンで、こんなトラックが出来上がりました。

ドラムキットを04 LEXTROに差し替えています。

 

パラメータを使ってトラックに彩りを!

パラメータを使わなくても曲は作れます。本文中でも触れましたが、あえて機械的に仕上げる為にいじらないのもアリです。

しかしパラメータを駆使すると、トラックが一気に躍動的になるので、是非ご活用される事をオススメします!

KORG Gadgetの各ガジェットには、ベロシティやパン以外にも様々なパラメータが用意されているので、これらを積極的に試してオリジナリティあふれるトラックを作ってくださいね。

関連記事

  1. トラックを作ってみよう

    パッドを入力する

    今回は、ソング全体に彩りを添える「パッド」の入力に挑戦したいと思います…

  2. トラックを作ってみよう

    パラメータをリアルタイム・エディットする

    以前のチュートリアルで、ドラムトラックのパラメータのエディット(ベロシ…

  3. トラックを作ってみよう

    アルペジオを入力する

    ここまでのチュートリアルで「ドラム」「ベース」「パッド」の3トラックを…

  4. トラックを作ってみよう

    ベーストラックをリアルタイム入力する

    ここまでのチュートリアルで、ガジェット"London"を用いたドラムト…

  5. トラックを作ってみよう

    展開を作りソングに仕上げる

    前回までのチュートリアルで、「ドラム」「ベース」「パッド&アルペジオ」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新のKORG Gadget Recommendトラック(8/13付)

このサイトについて

案内人のくらんけ@gadget_junkiesです。 Gadget-Junkies.netは、モバイル音楽制作アプリ”KORG Gadget”の「超」入門サイト。 主に初心者の方へ向け、使い方やTipsを出来るだけやさしく紹介していきます。 KORG Gadgetにまつわる話題や情報も随時発信。 …とは言え、開設したばかりでまだまだショボいサイトです。。 これからコンテンツをガシガシ増やしていきますので、どうぞよろしくお願いします!

最近の記事

  1. KORG Gadgetが「最高のモバイル・チップチューン制作…
  2. すべてのクリエーターへ贈る「創作&睡眠時間捻出」のためのアイ…
  3. 夢のDTM完全ワイヤレス化を目指して…ケンジントン「Expe…
  4. 名機「Mono/Poly」をガジェット化!KORG Gadg…
  5. 【KGR】真夏のアムステルダム紀行。「Kiss the mo…
  1. Chicago

    アナログベース・ガジェットChicagoについて。太っとくブリブリなアシッドベー…
  2. トラックを作ってみよう

    展開を作りソングに仕上げる
  3. K.G.R

    「KORG Gadget Recommend」 始めます(僭越ながら・・・)
  4. ソングを聴いてみよう

    デモソングのファイルを開き、実際にプレイしてみよう
  5. テクニック

    アルペジエータで、シーケンスパターンを自動生成する。
PAGE TOP