外部との連携

KORG Gadget「Taipei」の使い方(基礎編)。外部のMIDI機器やアプリをコントロールしてみよう!

先日リリースされたKORG Gadget 2。6つの新音源やWindows対応など多くのトピックで賑わっていますが、ひときわ重大なのは「MIDI信号の出力」が可能になったことでしょう。

これは、あらゆる外部アプリ音源はもとより、シンセや外部音源といったハードウェアとの「同期演奏」を行える事を意味するからです。

今回は、その役割を担う新作ガジェットTaipeiにフォーカスし、基本的な使い方や活用例を紹介します。

MIDI-Out Control Module「Taipei」で何ができるの?

ざっくり言うと「Taipeiのツマミを回したり鍵盤演奏して生み出すMIDI信号を、他のアプリやハードウェアに出力して、それらを演奏したり音色を変更したりできる」ガジェットです。

Taipei自体から音が出るのではなく、Taipeiが外部音源をコントロールする…機能としては、この一点に絞られます。

ご覧の通り「MIDIコントローラーがガジェット化」されたようなルックス。

搭載された5つのセクション(X-Yパッド・ノブ・アルペジエーター・LFO・鍵盤)を駆使して、外部音源をコントロールする訳ですね。

外部音源をコントロールしてみよう。

それでは、MIDI機器や音源アプリといった「外部音源」を制御してみましょう。

最も簡単な使い方として、KORG Gadgetで「DXi」を演奏します。

DXiは、YAMAHA DXシリーズを再現したシンセアプリ。

KORG Gadgetにはない「ガチなFM音源」サウンドだけに、期待が膨らみます!

外部音源をGadgetのシーケンスで演奏させる

まずはDXiを起動してください。これはKORG Gadgetに、DXiを「外部アプリ」として認識させるためです。

次にKORG Gadget Taipeiにて、DXiで鳴らしたいシーケンスを打ち込み、ループ再生させます。

Taipeiの右上にあるSETTINGSボタンをタップし、OUTPUT SettingsのうちMIDI信号を出力させたい外部音源をタップ。

そしてDXiに戻ると、さきほどKORG Gadgetにて打ち込んだシーケンスが演奏されます。

たったこれだけのステップで、外部アプリと同期演奏ができました!下の動画も参考にしてくださいね。

外部音源を鍵盤演奏する

ハードウェアのMIDI機器はもちろん、「バックグラウンド再生」が可能なiOS音源アプリなら(すべてのアプリではないようですが)KORG Gadget Taipeiを使って鍵盤演奏をしたり、ノブやX-Yパッドで音色をエディットすることが可能です。

設定方法はアプリにより異なりますが、DXiの場合は「i」というアイコンをタップしてオープンする設定画面から…

ELECTRIBE Waveであれば iOS設定 > ELECTRIBE Wave > Background Audio にて行えます。

外部アプリのバックグラウンド再生が可能になりましたら、Taipeiの鍵盤を弾いてみましょう。

もし外部アプリの音が鳴らない場合は、前述したOutput Settingsで、そのアプリが選択されているかをチェックしてくださいね。

このように、Taipeiの鍵盤を弾けばDXiやELECTRIBE Waveといった外部アプリを演奏できますし、他のガジェット同様SCALEボタンをタップすれば「コード機能」や「アルペジエーター」も使えますよ。

外部音源の音色をエディットする(ノブ編)

Taipeiには、8つのツマミとX-Yパッドが搭載されていて、それぞれに「コントロール・チェンジ」(以下「CC」)を割り当てることが可能です。

CCとは、音量やパン、フィルターなど、あらゆる制御情報を伝えることができる「MIDI信号」の一種。

あらかじめ割り当て済みのプリセットが15種類ほど用意されていますが、prologueやvolcaシリーズなど、KORG社製ハードウェア・シンセ用の設定ばかりです。

したがってノブやパッドに対し、あなたが扱いたいパラメーターのCCナンバーを自らアサインすれば、便利に使えるでしょう。

やり方は簡単で、ノブやパッドの「CC# 〇〇」と表示された部分をタップし、任意のCCナンバーを選択するだけ

…なのですが、すぐに私たちは困難な事態に直面します。

それは、コントロールしたい外部音源のパラメーターが「CC何番」なのか分からないこと。

たとえば、外部音源のフィルターをノブでグリグリしたくても、肝心かなめ「CUT OFFのCCナンバー」が分からなければお手上げです。

この問題を解決するには、2つの方法があります。

① 「MIDIインプリメンテーション・チャート」を入手する方法

MIDIインプリメンテーション・チャートとは、その機器が扱うMIDIメッセージについての仕様書で、CCについても必ず記載されます。

このチャートは、すべてのMIDI機器において表示が義務付けられており、大抵の場合はマニュアルの最後で確認できます。

また音源アプリであっても、こうした情報がネット上で見つかる可能性はあります。「アプリ名」「CC」といったワードで検索してみてください。

運が良ければ、このiELECTRIBEのようなCCリストが手に入るでしょう。

KORG社が公開しているCC情報

② CCナンバーを自力で調べる方法

どうしても音源アプリのCCリストが見つからない場合は、筆者が考案した原始的なやり方で確認可能です。

それは「nanoKEY Studio」など、iOSデバイスに接続可能なフィジカル・コントローラーを用い、それらの「物理ノブ」でコントロールを試みること。

DXiでやってみましょう。iOSデバイスにフィジコンを接続してKORG Gadget Taipeiを立ち上げ、8つのノブに対し「CC#0」〜「CC#7」をセットしてください。

DXiを起動し、フィジコンとの接続操作を行います。

そして、そのフィジコンの物理ノブを片っ端から回してみましょう。

この時、DXiの画面に表示されたノブやスライダーが連動して動いたら正解!

以下は、このやり方で筆者が把握できたDXiのCCナンバーです。

なおCCナンバーは0から127番まであり、次いでCC#9〜…とやるのはタイヘンです。

そこで、このようにTaipeiを16台使って全CCナンバーをセットし、CC把握用ソングデータとして保存しておきましょう。

このソングを外部音源のCCチェック用として呼び出せば、かなりの労力が軽減されると思いますよ。

外部音源の音色をエディットする(X-Yパッド編)

今度は、Taipeiの「X-Yパッド」で外部機器をコントロールしてみましょう。

パッドをX軸(横方向)、およびY軸(縦方向)になぞることで、それぞれに仕込んだMIDIメッセージを「連続的」かつ「フィジカル」に変化させ、外部音源に出力します

このX-Yパッドもノブ同様、CCのアサインが可能ですが、それとは別に以下の6種類のコントロールを割り当てることもできます。

これなら、たとえ外部音源のCC番号が不明でも、気軽にコントロールできますね。

外部音源にアルペジオをかける

各ガジェット共通で標準搭載されているものとは別に、独自のアルペジエーターが用意されています。

両者の違いですが、前者はキーをトリガーしている時だけかかるのに対し、後者は打ち込んだノートに対してもアルペジオが適用されること。

そして、前述のX-Yパッドでコントロールできる点です。

アルペジオをMIDI信号として出力するにはARPボタンをオンにし、TYPEで上昇・下降・ランダム・トリガーといった13パターンの中から選択。

アルペジオを曲のテンポと同期させたい場合はBPM SYNCボタンをオンにした上で、そのスピードを「全音符〜64分音符」の範囲内で調節しましょう。

またゲートタイムも可変でき、上げると滑らかな、下げるとキビキビしたアルペジオが得られます。

外部音源をLFOで揺らす

最後に紹介するのは、LFOの効果をMIDIメッセージとして、外部音源にもたらす機能。

LFOをMIDI信号として送出する場合はLFOボタンをオンにし、WAVEにてLFO波形を、以下の5種類から選択します。

なお実際に外部音源をLFOさせるには、その音源が「CC何番」であればLFOのMIDIメッセージを受信してくれるのかを調べなくてはなりません。

筆者が試したところ、DXiではCC TYPEを「CC#74」にすると、LFOしてくれました。

Taipeiは、KORG Gadgetに無限の可能性をもたらす…!

今回は「KORG Gadget Taipei」について、基本的な機能を解説しました。

この記事をご覧になって、一体Taipeiで何ができるのか…。その事を、少しでもご理解いただけたら嬉しいです。

さて次回は「Taipei応用編」として、ミキサーアプリ「AUM」を用いてのレコーディング方法や、フィジカルコントローラーの活用術などについて、さらに掘り下げた解説を行う予定です。

それではまた。Have a nice trip!

関連記事

  1. テクニック

    DAWで作ったデータをKORG Gadgetに取り込む方法(インポート)

    KORG Gadgetには、コンピュータのDAWで書き出したMIDIフ…

  2. 外部との連携

    作成したトラックを外部へ持ち出す6つの方法(エクスポート)

    今回は、KORG Gadgetで作成したトラックを、コンピュータやネッ…

  3. テクニック

    KORG Gadgetの音色を「ユーザー同士がシェア」する方法。

    KORG Gadget for iOSは、シンセサイザーの詰め合わせの…

  4. テクニック

    KORG Gadgetと他のiOSアプリを連携させる方法 …AudioCopy

    今回は"AudioCopy"という機能を通じ、KORG Gadgetと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LATEST ARTICLE

サウンドハウス

Gadget-Junkies.net コンテンツメニュー

KORG Gadget for Nintendo Switch 特集ページ

PICKUP

過去に開催したコンペティション

  1. Kingston (Arcade)

    チップチューン・ガジェットKingstonについて。唯一無二の「ピコピコサウンド…
  2. チュートリアル

    はじめてのKORG Gadget。3分間でわかる「超」クイックスタート・ガイド。…
  3. Gadget days

    KORG Gadget「あなたが欲しい実機シンセは何ですか?」アンケート結果発表…
  4. for Nintendo Switch

    【Gadget for Switchの使い方】④ 押す、捻る、傾ける…Joy-C…
  5. Lifestyle for DTMer

    MacBook Pro用のハードケースをお取り寄せしました。
PAGE TOP