MENU
GadgetSonic 2021 グランプリ発表! 詳しくはこちら

KORG Gadgetで学ぶ「かんたん」シンセ入門。第6回「LFOで波打つサウンドを作ろう」

シリーズ企画「KORG Gadgetで学ぶシンセ入門」も、いよいよ大詰め。

そもそもシンセって何?」という素朴な疑問を解くことから始まり、実際に音作りを行うためのセクションであるVCOVCFVCA、そしてEGについて、信号の流れの順に覚えて行きました。

その締めくくりとして、EGと同じようにVCO、VCF、VCAに対してモジュレートを行う機関 LFO(ロー・フリケンシー・オシレーター)について学んでいきましょう。

LFOを理解すれば、アナログシンセの音作りが10倍楽しくなりますよ!

目次

LFOの役割とは?

ではLFOを活用すると、一体どんな音作りが楽しめるのでしょうか?

ひとことで言うと、サウンドに「波」のような変化を与えることができます。

音楽用語で言い換えればビブラートワウワウ、それにトレモロといった効果ですね。

「低すぎる音の信号」を出すオシレーター

LFO はロー・フリケンシー・オシレーターの略で、日本語に訳すと「低・周波数・発振器」。その名の通りオシレーターの一種です。

ただし LFO は人の耳に聞こえないぐらい、低すぎる音を出すための発振器。それゆえ VCO とは役割が異なります。

人間の耳は、一般的に「20Hz〜20,000Hz」の周波数(音の高さ)まで聞こえるそうです。それゆえ、たとえばLFOの出す「3Hz」の信号は、音としては低すぎて人の耳には聞こえません。

しかし、この「低すぎる信号」をVCOに与える・・・言い換えればモジュレートさせると、音程に3Hzの変化をもたらす事ができます。

つまり、こんな音になります。

3Hzとは「1秒間に3回振幅する信号」なので、こんな「音程が1秒間に3回波打つ」音になるわけですね。このような音程が波打つ効果のことをビブラートと言います。

LFOをオシレーターにかける・・・ビブラート効果

ビブラート・サウンドを Dublin で作ってみましょう。

KORG Gadget で Dublin を立ち上げ、SOUND PROGRAM「048:Dublin Init」を呼び出してください。

パネル左上にある切り替えボタンをタップし、PATCHBAY側を点灯させます。

Dublinのパッチベイ・パネルが表示されました。

パネルの左の方に MG 1 MG 2 と書いてあるセクションがありますね。

MGはモジュレーション・ジェネレーターの略。文字通り「モジュレーションを発生させる機関」で、今回のテーマ「LFO」にあたるものです。

DublinにはMGが2系統あって、それぞれモジュレーションのための信号を出力できます。この信号をVCOやVCFなどへ送ることで、それらの音に周期的な変化を与えることができます。

さて、これからLFOをVCOにかけたいので、両者を接続してみましょう。MG 1のジャックから、PATCHBAY INPUTSにある PITCH までドラッグ。

パッチケーブルが表示され、MG 1とVCO 1が接続されました。

AMOUNT

MGのパラメーターを、ざっと説明しましょう。AMOUNTは、LFO波形の振幅の大きさを設定します。

AMOUNTノブをプラス、またはマイナス方向へ大きく回すと、音程も大げさに波打ちます。

マイナス方向にすると、次に説明するWAVEFORMの波形が反転します。

なお、BPMボタンを押すと「曲のテンポに同期して振幅を繰り返す」ようになり、この後紹介するFREQパラメーターの設定値が「周波数」から「Bar(小節)」単位に変わります。

WAVEFORM

LFOの波形を選択します。「ホヮンホヮンホヮン」「カンカンカン」といった具合に、音の揺れ方を変えることができます。

  • Triangle(三角波):波形が連続的に振幅。AMOUNTを軽くかけると、楽器音に近い滑らかなビブラートが得られます。
  • Saw(ノコギリ波):この波形を選び、AMOUNTをプラスにすると波形の傾斜が下がり、マイナスにすると傾斜が上がります。非連続的な波形ゆえ極めて非楽音的で、そのような効果が欲しい時に使います。
  • Square(矩形波):AMOUNTで設定した振幅幅の、最大値と最小値の2つだけを行き来します。さながら救急車のサイレン。
  • S&H(サンプル&ホールド):振幅幅がランダムに変わります。効果音や飛び道具として、面白い効果が得られるでしょう。

FREQ

波形の周波数を設定します。

言い換えると、ここで音が波打つスピードを定めるわけですね。たとえば「3」付近に設定すると、1秒間に3回波打つサウンドを作る事ができます。

また、AMOUNT の所にあった BPM を押すと曲のテンポに同期しますが、その場合は振幅スピードを「8小節」から「32分音符」の間で設定できるようになります。

LFOをフィルターにかける・・・ワウワウ効果

ここまでは LFO を VCO にかけて「音程」を波打たせてみました。それでは、LFO を VCF にかけると一体どうなるのでしょうか?・・・やはり「音色」が波打ちます。

MG 1 と、PATCHBAY INPUTSの VCF を接続してください。

そして MG 1 のパラメーターを操作すると、このようにフィルターが LFO の振幅で開閉するようになるわけですね。

なお、音色が波打つ効果をワウワウと言います。

LFOをアンプにかける・・・トレモロ効果

LFO を VCA にかけると、今度は音量が波打ちます。

音量に対しLFOをかけるには、MG 1 と、PATCHBAY INPUTS の VCA を接続。

下のデモでは、LFO波形をTriSawSquと変更しながら、振幅スピードをいじっています。

このような音量が波打つ効果は、トレモロとも呼ばれます。

「コルガジェで学ぶシンセ入門」ひとまず終了!

さて、6回シリーズでお送りしてきた「シンセ入門」は、ここで一旦終わりにしたいと思います。ここまでお付き合い頂いたあなた、本当にお疲れ様でした。

KORG Gadget のセミモジュラーシンセ「Dublin」を用い、基礎的な音作りの方法を学ぼうという企画でしたが、もちろん他のアナログシンセでも、今回のシリーズで得られたノウハウを活かす事ができます。

シンセサイザーを自由に操り、あなただけのサウンドをクリエイトしましょう。

それではまた。Have a nice trip. ciao!

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

KORG Gadgetエヴァンジェリスト。 http://www.Gadget-Junkies.net 運営。ロックなダンスビートにピコピコサウンドを乗せ、昔のビデオゲームっぽい音楽も作ってます!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる