KORG Gadgetで学ぶシンセ入門

KORG Gadgetで学ぶ「かんたん」シンセ入門。第2回「オシレーターで基本波形を決めよう」

シンセサイザー「超」初心者の方へ向け、シリーズでお伝えする「KORG Gadgetで学ぶシンセ入門」。

前回は「シンセってなんだろう?」をテーマに、ごく初歩的な音作りのやり方や、シンセの構成について考えてみました。

まずは、シンセサイザーの音の源(みなもと)である「オシレーター」の役割について覚えていきましょう。

KORG Gadget「Dublin」で学ぶアナログシンセ

今回から、モノフォニック・セミモジューラー・シンセ「Dublin」を、教材として使います。

Dublinは、アナログシンセとして極めてオーソドックスな構成で、パッチングを駆使して音の流れを決めることができ、おまけにKORG Gadget無料版「Le」でも扱えるという、今回のシンセ入門にうってつけのガジェットです。

それでは、KORG Gadgetを立ち上げて新規ソングを開き、ガジェット・セレクターにてDublinを選択しましょう。

Dublinが起動したら、音色「48 : Dublin init」を呼び出してください。

VCOの役割①「基本波形を決める」

シンセの音作りは、まず「オシレーター」という部分で、これから作る音の基本波形を決めることから始めます。

お料理と同じで、最初に食材を調達するわけですね。

このオシレーター、正しくはVCO(Voltage-controlled oscillator)といい、かつて電圧の加減で音を制御していたアナログ・ハードシンセの名残でこう呼ばれています。

今日のGadgetをはじめとするソフトシンセにおいて、「電圧云々」を意識する必要はありませんが、今もVCOという呼び名は健在なので、その由来について頭の片隅に置いておきましょう。

KORG Gadget Dublinには3種類の基本波形を選択できるVCOが2基搭載されていて、それぞれが出力する波形をMixerで混ぜ、次の場所へと送ります。

三角波(Triangle)

三角波。出典:Wikipedia

ここからは、VCOで決めることができる基本波形について覚えていきます。

まずは三角波ですが、その名の通り波形の形が三角形なので、この名が付けられました。

試しにVCO 1のWAVEFORMノブで三角波を選び、鍵盤を弾いて音を鳴らしてみてください。

…倍音成分が少なく、柔らかい感触ですね。

したがって三角波は、フルートやリコーダーのような「丸く、おとなしい音」を作るときに選ぶのが良いと思いますよ。

このように、VCOで「欲しい音にふさわしい基本波形を決める」のが、シンセにおける音作りの第一歩となります。

ノコギリ波(Saw)