MENU
GadgetSonic 2021 グランプリ発表! 詳しくはこちら

KORG Gadget で外部音源を演奏する方法(MIDIインターフェース編)

今回は、KORG Gadget 2 に標準搭載されているガジェット TaipeiMIDIインターフェースを使い、外部ハードウェア音源をコントロールする方法を紹介します。

目次

Taipei とは?

KORG Gadget での演奏や操作、打ち込みデータをMIDI出力することで、iOSデバイスと接続された外部MIDI音源をコントロールできるガジェット。コルガジェで外部シンセを鳴らしたりできます。

大まかな流れは以下の通り。

STEP
iOSデバイスとハードウェア音源を接続する

MIDIインターフェースを使い、iPad や iPhone の Lightning 端子と、ハードウェア楽器の MIDI IN 端子を接続します。

STEP
Taipeiで設定を行う

MIDI信号の送信先を定めたり、MIDIコントロール用のプリセットを選択します。

STEP
Taipeiでハードウェア楽器をコントロールする

Taipei の鍵盤を演奏したり、ノブや X-Yパッドを使って、外部ハードウェア楽器をコントロールします。

筆者が使っている iPad Air は Lightning 端子ですが、iPad Pro などの USB Type-C でも、その規格に対応するMIDIインターフェースがあれば OK だと思います。

MIDI IN 端子を備えていれば、どのシンセサイザーや音源モジュール、リズムマシンでもコントロールできるはずですが、今回は一例として KORG volca fm で試してみます。

iOSデバイスとハードウェア楽器を接続する

これから iPad (iPhone) と volca を接続するにあたり、別途 MIDIインターフェースMIDIケーブル が必要となります。今回は IK Multimedia 社の iRig MIDI 2 を使用します。

まず iRig に付属する専用ケーブルで、iOSデバイスiRig MIDI 2を繋ぎます。

次に MIDIケーブルで、iRig MIDI 2 の MIDI OUT 端子と、volca の MIDI IN 端子を繋ぎます。これで接続完了。

Taipeiで設定を行う

iOS デバイスと volca を接続したら、KORG Gadget Taipei 側で設定を行います。

はじめに MIDI 信号の送信先を定めましょう。Taipei ガジェットパネルの右上にある SETTING ボタンをタップ。続いてポップアップ右手の Output Setting にて iRig MIDI 2 をタップします。

MIDI 信号の送信先は、メイン画面のミキサーセクションでも設定可能です。

次に、SETTING ボタン左にある「01: Init」と表示されている所をタップし、プリセットリストから 006 : volca fm を選択。

このプリセットを呼び出すことで、volca fm をコントロールするための最適なパラメーターが、ノブなどに割り当てられるわけですね。

プリセット 006 : volca fm を選択すると、以下のようにセットされました。

操作子CC#パラメーター
ノブ 142MODULATOR ATTACK
ノブ 243MODULATOR DECAY
ノブ 344CARRIER ATTACK
ノブ 445CARRIER DECAY
ノブ 546LFO RATE
ノブ 647LFO PITCH DEPTH
ノブ 741VELOCITY
ノブ 848ALGTM
X軸 949ARP TYPE
Y軸 1050ARP DIV

もしパラメーターをカスタムしたい時や、プリセットリストにお使いの MIDI 機器がない場合でも大丈夫。Taipei のノブや X-Yパッドに対し、好きな MIDI CC 番号(0〜127、およびピッチベンド)を自由に割り当てる事ができます。

お使いの MIDI 機器の CC(コントロール・チェンジ)番号は、ネット上や、製品マニュアルに掲載されているMIDIインプリメーション・チャートで調べてくださいね。ちなみに volca fm のインプリメーションは、KORGのホームページにてダウンロードできます。

Taipeiでハードウェア楽器をコントロールする

それでは、Taipei の鍵盤をタップしてみましょう。volca でセットされた音色(プログラム)が発音されます。

Taipei はプログラム・チェンジ信号を出力しないので、音色の切り替えは volca 側で行います。

ピアノロールに演奏データを打ち込むと、その通りに演奏されます。

Taipei に用意されたノブを使い、volca を操作してみましょう。8つあるノブのうち左上の CC# 42 を回してみてください。それと連動して、volca の MODULATAR ATTACK がコントロールされましたね。

これで、KORG Gadget から外部音源をコントロールできたと思います。

他にも、Taipei 独自のアルペジエーターLFOX-Yパッドと、外部音源に対し様々なコントロールが可能。色々試してみましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

KORG Gadgetエヴァンジェリスト。 http://www.Gadget-Junkies.net 運営。ロックなダンスビートにピコピコサウンドを乗せ、昔のビデオゲームっぽい音楽も作ってます!

コメント

コメントする

目次
閉じる