Dublin

グリッチノイズでエレクトロニカ!簡単に「プチプチ」グルーヴを作るための3ステップ。

「グリッチノイズ」をご存知でしょうか?

例えばアンプに繋いだケーブルを手で触った時「ブチッ」と言う耳障りなノイズが鳴りますよね。

あとは接点が劣化したツマミを回した時に発する、「ガリッ」というノイズとか・・・。

そういう何らかの技術的ミスによって生じる雑音をグリッチノイズ呼びます。

そんな忌み嫌われるノイズですが、エレクトロニカの先人達はこれを逆手に取り、リズムやグルーヴ作りに活用するアイディアを生み出しました。

今では「エレクトロニカ=グリッチノイズ」と言っても良いくらいの定番サウンドとなっています。

Ovalやオウテカ、めちゃ流行りましたよね。。

このグリッチノイズ作り、様々なやり方がありますが、今回はKORG Gadgetのアナログシンセを用いて意図的に作成してみましょう。

ガジェット音源を選択する

最初にグリッチノイズを作るためのガジェットを選択。

とは言っても「エンベロープ・ジェネレータ」(いわゆるADSR)と「フィルター」が備わったアナログシンセであれば、どんなガジェットでも作れるんですよね。

今回はアナログ・モノシンセ“Dublin”の初期音色「48:Dublin Init」を呼び出して、グリッチノイズの音づくりに挑戦します。

ステップ① VCOセクションでの設定〜まずはパルス波で

まずはグリッチノイズの基本波形を選択。

今回は「プチッ」というノイズを作りたいので、VCOセクションのWAVEFORMのうち、Square/Pluseを選択しました。

そしてDublinはパルス波形の幅をSHAPEノブで調整するタイプなので、これを10にして完全無欠のパルス波を生成させましょう。

ステップ② VCAセクションでの調整〜ディケイを極めて短く

グリッチノイズを作るための、最も基本となる方法。

それはVCAセクションのエンベロープ・ジェメレーター(ADSR)を、できる限り短く設定することです。

これだけでどんなサウンドでも「一瞬だけ」鳴らすことができるようになるんですね。

特にディケイ・タイム(D)を極めて短く設定するのがキモ。

あとの「ASR」は、あなたが狙うサウンドによって調整してください。

たとえばアタック・タイムも限りなく短く(いっそゼロに)する、切れ味鋭い立ち上がりに。

連続音が必要ない場合、サスティン・レベルもゼロ付近。

グリッチノイズを単発で鳴らすなど以外は、リリース・タイムも殆どない方がよいでしょう。

ステップ③ VCFセクションでの調整〜レゾナンスをかけて発振させる

音色を決めるフィルター設定は、適度にレゾナンスを上げて発振させると、良好な結果を得ることができます。

ちなみにDublinでは、レゾナンスをPEAKと表記しています。

その際カットオフを上げると「カリッ」とした明るい響きに。

もっと音を丸くしたいときは、カットオフを下げて「こもった」感じにしましょう。

ここは通常の音作りと同じですね。

グリッチノイズ・トラックの実例2つ

ここまで紹介したやり方で作ったグリッチ・ノイズを聴いてみてください。

この動画ではDublinのVCFセクションと、MIXERセクションのNOISEノブを調整することで、グリッチノイズのバリエーションをいくつか作っています。

加えてADSRのディケイやリリースをいじると、さらに音作りの幅が広がりますよ。

たとえば極短ディケイを若干長くすることで、こんな「ビビビュッ」というヒップなサウンドを作ることも。

フィルターで強烈に発振させた、誰しも一度は耳にしたことがあろう非常にクセのある音ですね。

ちなみにVCOをSAW(ノコギリ波)にしています。

まとめ

グリッチノイズを作るには、多くのやり方があります。

アンプに繋いだシールドのプラグを触って出したノイズをサンプリングしたり、あるサンプルのレベルをクリップさせて歪ませたり。

最近はグリッチノイズをわざわざ作るためのアプリなんてのもあるようですね。

今回ご紹介したアナログシンセによるグリッチノイズ作りも、その方法論の一つ。

極めて簡単なのに、サウンドメイキングの幅が広がるという、とても美味しいテクニックです。

あなたも是非やり方を押さえて、エレクトロニカなトラックに挑戦してみてくださいませ。

Have a nice trip!

関連記事

  1. テクニック

    アルペジエータで、シーケンスパターンを自動生成する。

    唐突ですが、あの「禁じられた遊び」のギタープレイを思い浮かべてみましょ…

  2. テクニック

    非現実的な音色使いでトラックをユニークにするテクニック(Berlin編)

    個人的な話で恐縮ですが、筆者・くらんけは「ハイ・ラマズ」(High L…

  3. テクニック

    KORG Gadgetでブレイクビーツ!(Bilbao編)

    今回はKORG Gadgetで「ブレイクビーツ」を作るやり方を紹介しま…

  4. テクニック

    TR−808音源をKORG Gadgetに取り込む方法。

    KORG Gadgetには強力なドラム音源が7つも用意され、私たちユー…

  5. テクニック

    KORG Gadgetの音色を「ユーザー同士がシェア」する方法。

    KORG Gadget for iOSは、シンセサイザーの詰め合わせの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

連載中

  1. Gadget days

    KORG Gadgetが「最高のモバイル・チップチューン制作アプリ」である理由。…
  2. ガジェットを演奏しよう

    演奏するスケール(音階)を設定する
  3. K.G.R

    「KORG Gadget Recommend」 始めます(僭越ながら・・・)
  4. K.G.R

    【KGR】爆笑!脱力ゲット・ワイルド。「Get Wild Rasta mix &…
  5. KORG Gadget for Mac

    みんなが待ってたKORG Gadget「for Mac」! 新機能まとめ
PAGE TOP