過去の記事一覧

  1. トラックを作ってみよう

    ① ドラムトラックをステップ入力する。

    お待たせしました!ここからは、実際にトラックを作成しましょう。今回は、体験版"KORG Gadget Le"の仕様(というか制約)でもある3トラックだけ…

  2. トラックを作ってみよう

    ② 入力した演奏データをエディットする。

    前回から始まった、KORG Gadget「トラックを作ってみよう」編。今回は、KORG Gadgetのエディット画面で入力した演奏データ(ノート)を「手…

  3. トラックを作ってみよう

    ③ パラメータをエディットする。

    タイミングも音量も全く変えずにノートを打ち込む事を俗にベタ打ちと呼び、世間的にはイマイチよろしくない事だとされています(多分テクノは別)。ベタ打ちから脱却し…

  4. トラックを作ってみよう

    ④ ベーストラックをリアルタイム入力する。

    ここまでのチュートリアルで、ガジェット音源「London」を用い、ドラムトラックの打ち込み方法を覚えました。引き続き、ベースパートの打ち込みに移ります!…

  5. トラックを作ってみよう

    ⑤ パラメータをリアルタイム・エディットする。

    以前のチュートリアルで、ドラムトラックの「ベロシティー」と「PAN」のエディットに挑戦しました。その際は、すでに打ち込まれたノートのパラメーターに対して…

  6. テクニック

    ガジェットの鍵盤を、通常の並び(ドレミファ…)に戻す方法。

    KORG Gadgetでシンセ系ガジェットを呼び出してキーボードを弾くと、何らかのスケール(音階)が有効になっているかと思います。この設定のおかげで「そ…

  7. NEWS 2016

    KORG、伝説のアナログシンセARP ODYSSEi発表。ガジェット名はLEXINGTON

    あの宇宙サウンドが手のひらで…!KORGは2016年11月1日、米ARP社から1972年にリリースされたアナログシンセサイザー"ODYSSEY"をエミュレー…

  8. トラックを作ってみよう

    ⑥ パッドを入力する。

    KORG Gadgetの初心者向けチュートリアル「トラックを作ってみよう」編。ここまで「3音源3トラック」という制限内で、「ドラム」と「ベース」の打ち込…

  9. トラックを作ってみよう

    ⑦ アルペジオを入力する。

    ここまでのチュートリアルで「ドラム」「ベース」「パッド」の3トラックを使い、KORG Gadgetでの打ち込みを体験していただきました。もしあなたが、無…

  10. テクニック

    iOSの”Slide Over”機能が邪魔になる時の対処方法。

    iOS待望の新機能が思わぬ弊害にiOS 9から搭載された2画面同時に表示できる機能、便利に使われてる方もいらっしゃると思います。タッチパネルの右端外…

最新のKORG Gadget Recommend(6/3付)

Cosmic Autumn Festival Kagura Mix – by TKMT

K.G.Rとは?

KORG Gadget for Nintendo Switch 特集ページ

コルガジェ・ユーザーズフォーラム (BBS)

PICKUP

SERIES

Tweets

  1. トラックを作ってみよう

    ③ パラメータをエディットする。
  2. for Mac

    スーパー特報。夢の”KORG Gadget for Mac̶…
  3. Helsinki (Pad)

    ポリシンセ・ガジェットHelsinkiについて。ドリーミーなパッドサウンドを作ろ…
  4. Montpellier (Mono/Poly)

    「コード・メモリー」「ユニゾン機能」で、あなたのプレイに彩りを。 Montpel…
  5. ネットにアップしよう

    SoundCloud「Proバージョン」をオススメする6つの理由
PAGE TOP